【まとめ】2018年最も人気だった5つの記事を振り返る

【まとめ】2018年最も人気だった5つの記事を振り返る

今年も一年、Osaka-Subway.comを御覧くださいましてありがとうございました。今年はマルコに恋しての引き続いての出版や各情報提供など、皆さんに助けられた一年だったなあという想いです。

2018年に当サイトで人気だった記事の中、PV計測で上位5つであった記事を振り返っていこうと思います。

 

 

5位:大阪メトロファンの私がOsaka PiTaPaをオススメしない3つの理由

大阪メトロファンの私がOsaka PiTaPaをオススメしない3つの理由

5位は、当サイトでも固定表示している「Osaka Pitapaをオススメしない」理由でした。

大阪メトロのファンサイトでありながら、公式に出しているPiTaPaはオススメ出来ない…という着目点も受けたのかなぁと自己分析しています。

 

4位:大阪地下鉄の改札にiPhoneをかざして入るにはどうすればいいの?

DSC04906_1

大阪地下鉄の改札にiPhoneをかざして入るにはどうすればいいの?

画像のインパクトが大きかったのと、大阪人が普段思っていた疑問に答えたのがこの記事。

今でこそかなりApple Payが浸透してきて「そうか!」と思われた方も増えましたが、当時はまだよくわかっていない方も多い時代でした。

 

 

3位:【速報】大阪地下鉄新会社の名前は「Osaka Metro」で決定!

【速報】大阪地下鉄新会社の名前は「Osaka Metro」で決定!

3位は民営化後の新社名決定記事。大騒ぎになりましたね。

Osaka Metroは民営化してから何かと話題になる話が増えましたが、9ヶ月が経過した今のところは民営化して正解だったかなぁという印象。

ただ、職員さんの待遇があまり良くないとの話も噂で聞いていて、全てを肯定できるものでもないかなぁといった感じです。

 

 

2位:大阪の地下鉄が乗り放題!大阪観光におすすめの「エンジョイエコカード」を徹底解説!

大阪の地下鉄が乗り放題!大阪観光におすすめの「エンジョイエコカード」を徹底解説!

意外と堅調だったのがこのエンジョイエコカードの記事。そもそも「エンジョイエコカード」という名称は他所の方にはわかりづらいんですよね。

「大阪 1日乗車券」で検索される方が結構いらっしゃいました。このにゃんばろうのエンジョイエコカードの画像も差し替えないといけないなぁ…

 

 

1位:【速報】Osaka Metroが4月1日よりICOCAによるIC連絡定期券を発売へ

DSC03989_1

【速報】Osaka Metroが4月1日よりICOCAによるIC連絡定期券を発売へ

栄えある第1位は意外や意外。Osaka MetroがICOCA定期券を発売するという記事でした。

関西人待望といいますか、PiTaPaはクレジットという印象が強いのか、関西地区唯一のチャージ式ICカードであるICOCAを定期券にしたいというニーズがかなりあったようですね。

 

 

阪神・大阪メトロ・京阪を1枚のICOCA定期券にまとめる事が出来るか?

また、関連してこういった私鉄別の記事も内部リンクがありました。

 

総評

いかがでしたでしょうか。全体的にランクインするのは検索流入のおかげもあってか、切符関係の記事が多かったなぁという印象です。

また、鉄道趣味面からみても2018年は様々な記事・ニュースがあり、書籍「マルコに恋して」も非常にたくさんの方からお買い求め頂けるなど、自信がついた1年でした。

 

Osaka-Subway.comいまどきの鉄道サイトの作り方鉄道ファンのクレジットカードのりばVerepo.comの4サイトに、今年一年お付き合い頂き、ありがとうございました。

 

来年度もどうぞよろしくお願い致します

 

 

Special Thanks

本年も写真・情報提供や親しくお付き合いして頂きました皆様、誠にありがとうございました。

この場を以て御礼申し上げます。

・もぐら様

・ちゅもたん様

ももやまだい様

・MTYCS様

まっちゃん様

OMS32610F様

Daiimu様

超新型様

第三軌条様

スーパー加越様

・みどう様

・BEのぶ様

・ゆかしい様

・Nはる様

・joまさ様



・そん様



おおさかメトロのでんしゃ (スーパーのりものシリーズDX)
松本 洋一 かとう とおる 大阪市高速電気軌道 北大阪急行電鉄 交通新聞クリエイト
交通新聞社
売り上げランキング: 909,668


マルコに恋して -大阪地下鉄道20の秘密-
(2017-04-25)
売り上げランキング: 26,537

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。著作権法上の例外を除き、無断転載は固くお断りします。

鉄道Webサイト運営カテゴリの最新記事