【堺筋線】ヒョウ柄の次は戎柄!駅番号入りの66系リニューアル車(66607F)が登場!




撮影:みどう様

Osaka Metroは堺筋線66系のリニューアルデザイン第2弾として、66607Fを復帰させました。2018年11月27日の朝ラッシュより運用を再開しています。

前回は沿線にある天王寺動物園を意識した「ヒョウ柄(公式リリースでは動物柄)」が大きく目を引きましたが、今回の編成は「恵比須様」をイメージしたものとなっています。

 

車内の様子

車内の様子。貫通扉には七福神の絵柄が描かれています  撮影:みどう様

同部分拡大。  撮影:みどう様

撮影:みどう様

撮影:みどう様

座席部分のデザインは縁起物である「梅」をあしらったデザインに。アクセントがかわいいですね

撮影:みどう様

乗降ドア部分。恵比寿様に鯛をあわせて「えびす鯛」がモチーフなのだそうです

車内案内機についてはLCD化はせず、従来どおりのLEDタイプになっています  撮影:みどう様

運転席。阪急とあわせたワンハンドルタイプです  撮影:みどう様

 

外観

外観は従来の66系リニューアル編成と変わらず。  撮影:みどう様

撮影:みどう様

 

LED方向幕も駅番号入りが登場

撮影:みどう様

今回のリニューアルで一番のトピックは、なにげに66系の側面幕についに駅番号がついたことではないでしょうか。高槻市は「HK72」が表示。

撮影:みどう様

こちらは地下鉄線内の「天神橋筋六丁目[K11]」行き。もともとつめっつめな方向幕でしたが、駅番号が入って更につめつめになりました

撮影:みどう様

地下鉄構内となる天下茶屋ではK20がついています。

撮影:みどう様



参考に、こちらが駅番号挿入前のものです。

 

 

 



マルコに恋して -大阪地下鉄道20の秘密-
(2017-04-25)
売り上げランキング: 26,537

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

ABOUTこの記事をかいた人

大阪市営地下鉄ファンサイト「Osaka-Subway.com」運営主宰。 2017年4月に鉄道趣味本としては初めての、電子書籍「マルコに恋して」を出版。 その他、クレジットカードファンサイト「鉄道ファンのクレジットカードのりば」なども運営中。