撮影禁止になるかも!?森ノ宮駅での撮影時に気をつけたい1つのポイント

撮り鉄  JK

森ノ宮駅のこの場所は、谷町線や千日前線、中央線の車両などが森之宮にある車庫に入る際に撮影できる最後の撮影ポイント。

通常の営業運転に加え、試運転・回送車両の全ての列車がこの駅に停車することもあり、絶好の撮影地なのですが、一つ気をつけなければならないポイントがあるのをご存知でしょうか。

ここに注意

DSC01634_1

問題の撮影場所は、中央線森ノ宮駅の2番線、緑橋寄のこの場所です。

撮り鉄  JK 女子高生

これ、あまり気づいてない方がよく見受けられますが、この位置まで出て地下鉄車両を撮影していると矢印の信号機が見えなくなってしまいます。出発信号機が見えないのは明らかに邪魔ですよね

 

撮り鉄  JK 女子高生

撮影に熱が入り過ぎるのはわかりますが、撮影時にはこの点に気をつけて、信号にかからないようにしましょう

 

「信号が見えない」というのは明らかな運行妨害なので、下手すると撮影禁止にもつながりかねません。

 

数々の名列車が駆け抜けていったこの地

3047_02

森ノ宮駅のこの場所は、谷町線や千日前線、中央線の車両が車庫に入る時に撮影できる最後の撮影ポイント。30系の引退時には多くのファンが駆けつけました。

キャパシティがあまり広くなく、昨今鉄道ファンのモラルが問われ続けているだけに、最低限のルールは守っていきたいですね。

撮影にアツくなるのはわかりますが、現業(運転士・車掌・駅員)の方の邪魔だけはしないようお願いします

 

また、偽善という言葉で正当化している風潮が見受けられますが、偽善も何も私を含む大阪市営地下鉄ファン全体にとって損失になるような事で、偽善もクソもありませんのでそれだけは記載しておきますね

 

関連リンク

御堂筋線でも同様のケースが起こるようです。

 

日常や当サイトで取り上げないような他の大阪市営地下鉄の話題ならこちら

tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

 

Photo,Writer : Series207  2016/01/01