【北急】千里中央駅のホームドア、供用開始へ。車側灯から列車を読み取る新システム採用!

先日よりお伝えしている、関西私鉄初のホームドアが設置された「北大阪急行 千里中央駅」でのホームドアが、9月9日より供用開始となったので撮影してきました!

完成後の千里中央駅全景はこんな感じ。今回、このシステムを開発したのは、京三製作所です。 撮影:みどう

 

北大阪急行電鉄株式会社殿より千里中央駅(1 番線・2 番線)の可動式ホーム柵を受注いたしました。2017 年 9 月に、関西の民鉄では初めての使用開始となる予定です。

この可動式ホーム柵は、大きなドア透過部やスライド式非常脱出口を備えています。 また、地上側に設置するセンサにて車両の定位置停止検知などを行い、可動式ホーム柵 の自動開閉を実現します。これにより、地上-車上間の情報伝送(トランスポンダ)装置 が不要となり、地上設備だけのシンプルなシステムとなります。

出典:株式会社京三製作所『北大阪急行電鉄 千里中央駅の可動式ホーム柵を受注いたしました』(2017年6月15日)
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/67420/5c0f29d2/feb6/402c/84c5/fedf43f6f7dd/20170614154859591s.pdf

 

 

ホームドアの仕様

こちらが供用開始となったホームドア(可動式ホーム柵)です!ブラックカラーでスタイリッシュなものとなっていますね!

ブラックカラーだからなのか、車両が通り過ぎていく様もなかなかカッコよく引き締まったイメージになっています。

車両到着時の様子。

ドアの内側には「ミニ駅名標」が掲示されています。もちろん北大阪急行標準仕様。笑

  

サン工芸が開発した、視覚障害者向けの点字ブロックも貼り付けられていました。

これまでは撮影のために入れた小さなスペースですが、残念ながらホームドア稼働開始によって塞がれてしまいました。

 

ドア開閉の仕組み

ドアの自動開閉システムについて、京三製作所の方から直接お話を伺うことが出来ました。(取材:みどう様)

車側灯の近くには、今回のホームドア増設に合わせて何やら怪しいカメラのようなものが…

車側灯をじっと見つめるかのようなポジションに…

実はこの監視カメラのようなものが、電車の車側灯(ドアが開いているかどうかを確認するランプ)を読み取って検知しているのだそうです。

このシステムにより、御堂筋線のものとは違って、電車到着後にランプが消えたことを確認してホームドアが自動開閉する仕組みとなっています

但し、旧型車である10系ではこの光が消えかかる程に弱いため、稼働当初の早朝にはうまく読み取れず、安全確認センサーに引っかかってドアが開かなくなったのだそうです。

写真では比較的鮮明ですが、目視だと確かに暗い編成もありました。 撮影:みどう

 

私が取材した日は翌日の10日深夜でしたが、この日も京三製作所の技術者の方が心配そうにホームドアを見ておられたのが印象的でした。

 

【北大阪急行】千里中央駅のホームドア運用開始日が9/9に決定

 


-ご案内-

当サイト初の電子書籍「マルコに恋して」、絶賛発売中!!

日常や当サイトで取り上げないような他の大阪市営地下鉄の話題ならこちら

tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

Photo:Series207,みどう
Coverage:みどう
Writer : Series207  2017/09/11