【条文メモ】大阪市営地下鉄が軌道法で作られた理由




 

地下鐵道ノ準據法ニ付イテハ既ニ省議決定ノ次第モアリ地方鐵道法ヲ適用スヘキナルモ本件ハ出願線ノ過半高架式ニシテ然モ道路面二永久的支持物ヲ設置シ道路上ニ高架式線路ヲ築造セントスルモノニ係リ道路トノ関係特ニ密接ナルニ付本件ニ限リ軌道法適用ノ已ムヲ得サルモノト認メタリ

鐡道省 監督局

『大阪市營軌道(高速度)敷設特許ノ件』昭和2年3月3日

 

現代語訳

地下鉄道の準拠法については、既に閣議決定された次第もあり地方鉄道法を適用すべきところであるが、本件は出願線の大半を高架式としていて、しかも道路に永久的支持物を設置して道路上に高架式線路を築造することに関わり、道路との関係が密接であることから本件に限り軌道法の適用はやむを得ないものと認定する。

 

 

本件に限り、としていたことから名古屋市営地下鉄も一時は軌道法での建設を試みたそうですが、この件を覚えていた省庁が喧嘩して結局地方鉄道法になった…という逸話があるそうです。



第034回国会 運輸委員会都市交通に関する小委員会 第3号 昭和三十五年三月二日(水曜日
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/034/0054/03403020054003a.html



マルコに恋して -大阪地下鉄道20の秘密-
(2017-04-25)
売り上げランキング: 26,537

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。