大阪地下鉄の改札にiPhoneをかざして入るにはどうすればいいの?

DSC04906_1

大阪市営地下鉄はPitapaをはじめとした各種ICカードに対応していますが、首都圏のような「スマホをかざして改札に入る」という光景は、あまり一般的ではありませんよね。

交通系ICカードの中で、唯一スマホに対応しているのはJR東日本の「Suica」で、iPhoneならApple Payで、Androidなら「おさいふケータイ」を使うことで、スマホで入ることができるようになります。

関西圏のICカードはJR西日本の「ICOCA」と私鉄系の「Pitapa」との2種類ですが、どちらもスマホには対応していません。

 

では、どうすればスマホで入れるようになるのか?

 

 

答えは簡単。Suicaを使って入ればいいのです。

 

 

スマホで改札を通る人はSuicaを使ってる

DSC04928_1

Suicaは大阪市営地下鉄をはじめ、ICOCA・Pitapaを採用している会社と相互に使えるよう互換対応しています。

関西圏の皆さんが、iPhoneにSuicaを導入する方法は次の3つ。

Suica導入方法①:Suicaカードを首都圏で買う(クレジットカード不要)

Suica導入方法②:Suicaアプリをダウンロードする(クレジットカードが必要)

Suica導入方法③:Suicaに登録してアプリを使う(VISAのみ)

 

「直接Suicaを首都圏で購入する」以外、基本的にはクレジットカードの登録が必要になります。

また、VISAカードのみはApple payが対応していない関係で、Suicaポイントクラブへの登録が必要となります。

 

 

できないこと

定期券はApple payのSuicaに載せることができません。

2017年からICOCA定期券には対応を開始していますが、Suicaはあくまで別のカードのため対象外です。

 

チャージの仕方

大阪市営地下鉄の券売機は、主に赤色とピンク色の2タイプが設置されています。

DSC03355

券売機でチャージしようとあれこれ探すのですが、それらしきところは見つかりません。

 

 

「ICカード・カード」という挿入口もあるのですが…

 

 

DSC04923_1

入  ら  な  い

 

駅でチャージする場合は券売機が対応していないので、駅員さんにお願いしましょう。

 

AndroidのモバイルSuicaはこちら

意外と便利!?大阪市営地下鉄をモバイルSuicaで乗ってみた

 


日常や当サイトで取り上げないような他の大阪市営地下鉄の話題ならこちら

tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

Photo,Writer : Series207  2017/11/10