【2019年3月/4週目】開業まであと1週間!いまざとライナー各停留所の工事状況

【2019年3月/4週目】開業まであと1週間!いまざとライナー各停留所の工事状況

2019年1月29日頃から、BRT「いまざとライナー」の整備に向けて停留所側の工事が進んでいます。当サイトでは、継続的に工事の状況をお伝えしています。

今日は、開業まで残り1週間となった4回目のレポートとなります!各停留所の整備工事が最後の大詰めを迎えています。

 

今里

今回最も大きな動きがあったのが今里駅です。プレスリリースでも報じられていた本格的なBRT停留所が登場しました

前回取材時(2019年3月1週目)の姿。この時はまだ基礎枠組みのみでした

出典:https://subway.osakametro.co.jp/news/library/20181207_brt_imazatoliner/besshi3.pdf.

完成予想図。もう間もなくですね~!

照明の埋め込みも完了しており、残るはロゴの電照部分などでしょうか

いやー…かっこいいですねこれは

今里筋線の代替…ということで、地下鉄⇔BRTの完璧な連携プレイの為に7号出口で直結しています。

 

神路公園

折り返し地点となる神路公園にも動きが。簡易式のバス停が取り付けられました

あわせて、バス停の路面標示も描かれています。

 

 

中野中学校前

先日お伝えした、駒川中野駅東出口と15分程度での連絡となる中野中学校前停留所。屋根幌もついてほぼ完成となりました。

これが…(1月)

こうなって…(2月)

こうで…(3月1週目)

こうじゃ…( ^ω^)  

デザインでここまで印象が様変わりするとは…いや~いいですね。カッコいい。

 

湯里六丁目方面バス停もほぼ完成しています。

 

田島五丁目

B型バスロケーションが設置された田島五丁目(今里行き)

おそらく背部に電柱があってA型バスロケが取り付けられず、このようなタイプになったと思われます。

 

今更聞けない「いまざとライナー」とは?

いまざとライナー」は、今里筋線延伸区間である今里~湯里六丁目を主軸としたBRT(バスによる高速輸送)システムです。

平たく言うと「車両は(場合によっては連接)バスを使って停留所は鉄道並みの間隔に広げることで、従来のバスよりも早く地下鉄よりも安い建設費」な公共交通システムのことを指します。

4月から運行開始する「いまざとライナー」ではまず試験的な運用からスタートすることから、構造が特殊な連接バスは採用されず、(ダメだった時の大阪シティバス転換をも見越してか)一般的なバス車両での運行となります。

BRTについての詳しい説明はこちらから御覧ください

 

いまざとライナーの路線図。湯里六丁目~今里間はおおむね1km程度(地下鉄並み)での設置となります。

 

 

運行開始まで残り1週間。

当サイトでは、営業運転開始まで引き続き「いまざとライナー」についての動向を追っていきます。

 

関連リンク

【2019年3月/3週目】いまざとライナー各停留所の工事状況…バス停に屋根幌が取り付けられる

【2019年3月/1週目】いまざとライナー各停留所の工事状況…B型バスロケ登場と住吉車庫に動き

BRT「いまざとライナー」カテゴリの最新記事