【決算】北大阪急行、3.3億円の赤字計上(2020年度決算)

【決算】北大阪急行、3.3億円の赤字計上(2020年度決算)

2021年6月、北大阪急行電鉄株式会社は、2020年度の決算(2020年4月1日~2021年3月31日の営業成績)を発表しました。

それによりますと、黒字か赤字かを示す「当期純損失」が3.3億円の赤字決算となっています。

 

 

前年度との比較

売上高 当期純利益 利益剰余金
2020年度 47億7698万円 3億3032万円の赤字
70億7200万円
2019年度 62億0174万円 2億4076万円の黒字 75億5232万円

売上高が大幅に落ち込み、赤字転落です。売上高の落ち込みは前年度比で▲23%となっています。

とはいえ剰余金が70億円あり、鉄壁の財務体質であることに違いはありません。

 

 

鉄道事業は

北大阪急行の事業内容のうち、鉄道事業における割合はかなり大きく、4億5899万円の赤字となりました。

「AZALL 桃山台」などの不動産事業がこれを下支えしましたが、他の鉄道事業者と同様に赤字額をカバーするまではなりませんでした。

 

北大阪急行電鉄株式会社の代表的な事業

・【鉄道事業】…▲4億5899万円 (北大阪急行南北線の運営、および新規路線の建設
・【不動産事業】…+2億9570万円 (AZALL桃山台、緑地駅ビルなどの運営

 

 

 

関連リンク

【決算】北大阪急行、2019年度は2億4076万円の純利益(黒字)を計上

【決算】大阪メトロ、初の赤字計上(2020年度決算)

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

21日(水)
22日(祝)
23日(祝)
24日(土)
25日(日)
26日(月)
27日(火)

大阪メトロ関係製品






北大阪急行カテゴリの最新記事