【朗報】オンデマンドバスが巽・瓜破地域へ今日から拡大!

【朗報】オンデマンドバスが巽・瓜破地域へ今日から拡大!

今年3月から運行を開始しているオンデマンドバス

その利便性から利用客数はなかなか上々のようで、累計25,000人ものユーザーに利用されています。

これら実績を踏まえ、既報通り本日12月1日から生野区東部地域(千日前線小路・北巽・南巽の3駅周辺)、平野区瓜破地域(谷町線喜連瓜破駅・出戸駅南部周辺)オンデマンドバスの運行を拡大することになりました!

 

新しいバス停は?

新規地域への運行は既存エリアを拡大する形で行われます。このあたりは8月に発表されたプランをそのまま実現した形です。

生野東部エリアへは生野エリアのバスが、平野瓜破エリアへは平野Bエリアのバスが拡大運転する形となります。

 

生野東部エリアの新しいバス停

・地下鉄小路(既存バス停)
・北巽バスターミナル(既存バス停)
・地下鉄南巽(既存バス停)
・巽東三丁目東
・巽東緑地公園東
・巽大地公園

他多数<こちらから確認可能です

瓜破エリアの新しいバス停

・地下鉄喜連瓜破(既存バス停)
・高野大橋(既存バス停)
・平野瓜破東郵便局
・平野区子ども・子育てプラザ

他多数<こちらから確認可能です

 

 

オンデマンドバスは、実際に利用した方の満足度は高い反面知名度がめちゃくちゃ低いのが欠点。

エリア拡大でその認知度が向上すると良いのですが……(そして私の住む区まで運行エリアが広がるといいのですが…)

 

オンデマンドバスの8月時点のデータによると、満足度は生野区で70%、平野区で96%を誇るのに対し、認知度は17%(生野区)・20%(平野区)に留まっています。

 

 

増車される?

エリアが広がると必要な車両数も増えるのですが、今回のエリア拡大でバスは増車されるのでしょうか。

 

現在のところ各エリア合計で14台ほどが配備されていますが、「時間によってはなかなかこない場合もある」という不満もあっただけに少し心配なポイントです。

 

オンデマンドバス 合計車両数

1号車 ハイエース・01-7001
2号車 ハイエース・01-7002
3号車 ハイエース・01-7003
4号車 ハイエース・01-7004
5号車 ハイエース・01-7005
6号車 ハイエース・01-7006
7号車 ハイエース・01-7007
8号車 ハイエース・01-7008
9号車 ハイエース・01-7009
10号車 ハイエース・01-7010
11号車 ハイエース・01-7011
12号車 ジャパンタクシー(南タクシー所属)・01-5670
13号車 NV200(梅田交通第三所属)・01-8954
14号車 NV200(梅田交通第三所属)・01-8957

 

定期券プランもスタート

あわせて、オンデマンドバス乗り放題のデジタル定期券サービスを明日2日よりスタート。

月5,000円で指定エリアのオンデマンドバスが1ヶ月間乗り放題となります。

オンデマンドは1乗車210円ですから、24回の乗車で元が取れる計算になります……なかなかヘビーな条件ですね…

 

 

関連リンク

【オンデマンドバス】北巽や喜連瓜破へ拡大予定…12月から

NV200のオンデマンドバスが新登場!梅田交通第三が運行

 

参考文献

Osaka Metro『オンデマンドバスの運行エリア拡大やデジタル定期券サービスなど Osaka MetroのMaaS がさらにサービスアップします

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
19日(水)
20日(木)
21日(金)
22日(土)
23日(日)
24日(月)

大阪メトロ関係製品






Osaka Metroカテゴリの最新記事