【駅探訪-004】コスモスクエア駅

【駅探訪-004】コスモスクエア駅

シリーズ「駅探訪」。

大阪メトロの各駅の写真を紹介していく記事で、撮影などでふらっと訪れた駅についてあれこれ掲載していく、いわば駅紹介ですね。

第4回はコスモスクエア駅です!

 路線 中央線・ニュートラム
 開業日 1997年(平成9年)12月18日
 仮駅名  海浜緑地
 所在地  大阪市住之江区南港北1丁目
 ホーム形状 中央線:1面2線 島式
ニュートラム:1面2線 島式
 管区  東梅田管区
構造 地下駅(ニュートラム上層、中央線下層)

 

 

駅構内

中央線

コスモスクエア駅は、1997年に大阪市の第三セクターである「大阪港トランスポートシステム(OTS)」によって開業しました。

別会社による初乗り運賃の二重加算で不振に陥っていたことから2005年に大阪市交通局へと吸収され、運賃も統合されました。

 

未来的なこの名前は、1988年に市民公募によって決定。

但し、当初のコスモスクエア駅は現在のトレードセンター前駅につけられる予定で、当駅は「海浜緑地駅」の計画でした。

 

駅はオーソドックスな島式1面2線ホーム。途中にニュートラムホームがあるので、地上階までは長い3つのエスカレーターで接続しています。

上から見るとこんな感じ。

発車標は中央線のオーソドックスなLCDディスプレイ。「学研奈良登美ヶ丘」が詰め詰めで書かれています。

元々「海の駅」をイメージして作られたこの駅は、床タイルに魚模様が埋め込まれています。

OTS時代には海遊館が出張して小さな水槽も設置されていました。

 

ニュートラム

ニュートラムも同じく、島式1面2線のホーム。

番線は中央線からの連番になっており、3・4番線が充てられています。深夜時間帯は4番線を休止し、3番線のみで折返しが行われていました。

ちなみに僅か2駅の運行にも関わらず、最終中ふ頭行きは9名が乗車。意外と乗車していることに驚きでした。

発車標は2012年にリニューアルされた日立製作所製のLEDタイプ。アンチエイリアスも適用されて綺麗なフォントになっています。

この駅のスピーカーはやや独特で、駅構内全てにスピーカーがあるものの、実際に鳴動するのは中央部2・3ヶ所だけのようです。録音される方は注意してくださいね。

 

 

地上部

コスモスクエア駅は、交差する道路との関係でやや複雑な構造となっています。

一旦橋上まで上り、その後再びエスカレーターで地下まで降りた後、更にホームのある地下階まで降りていく…というルートです。

駅にはバスターミナル・タクシー乗り場も完備。イベント開催時や南港・咲洲地区の交通拠点としても機能しています。

ちなみに、コスモスクエア駅は海の目の前ということもあり、階段を降りるとすぐそこがマリンビュースポットでもあります。

 

 

放送時刻(音鉄向け)

学研奈良登美ヶ丘行き最終 23:25~予告放送(23:32発)

長田行き最終 23:45~予告放送(23:48発)

森ノ宮行き最終 0:14?(0:17発)

中ふ頭行き最終放送 0:06(4号フォーマット)

中ふ頭行き停車中放送 0:08(NTフォーマット)

 

 

バックナンバー

【駅探訪-003】谷町線 野江内代駅

【駅探訪-002】長堀鶴見緑地線 今福鶴見駅

【駅探訪-001】長堀鶴見緑地線 鶴見緑地駅

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
24日(火)
25日(水)
26日(木)
27日(金)
28日(土)
29日(日)
30日(月)
31日(火)
1日(水)

大阪メトロ関係製品




4号線:中央線カテゴリの最新記事