【御堂筋線】かつてのシャープお膝元、西田辺駅の乗客減が深刻…

大阪市統計による、大阪市営地下鉄の乗降客数の最新データ(2016年)が明らかになっています。

これによると、シャープが撤退した2016年、最寄りである西田辺駅の乗降客数が-4000人/日となっていることが判明しています。

また、これにより御堂筋線の乗降客数ランキングが入れ替わり、昭和町駅に抜かれて最下位の新金岡駅に次ぐ、ワースト2位となっています。

 

西田辺駅直近3年の乗降客数

 年度 乗降客数(日)
 2014年  25,843
 2015年  26,186
 2016年  22,228

 

DSC02645

1日で4,000人ということは、年間で146万人ものマイナス…すさまじい減り具合ですね…

DSC02575_1

在りし日のシャープ本社。西田辺駅から徒歩3分ほどのこの地にありました。

シャープ本社は、今年の4月頃から解体を開始。現在では跡形もなくその姿を消し去り、跡地にはニトリが入ることになっています。

もっとも全面撤退は避けられ、シャープ田辺ビル(旧本社向かい)は存続することになっています。

 

 

企業がなくなるというのは、こういうことなんですね。

今それをひしひしと感じています。

 


関連リンク

僅か地下まで1.6m!大阪地下鉄で最も浅い西田辺駅に行ってみた
大阪市営地下鉄は、乗車していると一見平坦のように思えるのですが、実はかなりのアップダウンを繰り返しており、地下鉄車両はなんなく...