【コラム】めちゃめちゃ至近距離に2つの出口がある難波と平野駅…その理由は?




大阪の地下鉄には、何故か「同じ向きで出口が至近距離に2つ並んでいる謎の配置をした出口があります。

このタイプの出口は、谷町線平野駅や四つ橋線難波駅でこの姿を見ることが出来ます。

いつもお世話になっているOMSさんが何気なくつぶやかれたこのツイートが気になって、私も行ってみました。

今回は人が少なそうな平野駅1・2番出口を見てきました。どちらも同じ北向きに開口部が作られ、5m以内に2つ作られています。

いったいなんの為なんだろう…と思っていたんですが、先日その謎がTwitterで解けたので改めてご紹介します。

 

火災防止法の通達?

当サイトでも何度かご紹介している、博学で私もめちゃくちゃ頼りにしているNはる兄貴がサッとこの事象について答えてくれました。

 

出口の中

ということで、実際に降りてみます

細い階段を降りていくと、確かにその倍はあろうかという広さの地下道が出てきました

反対を見てみるとご覧の通り。ちょうど左半分・右半分で出口が別れていますね。

 

余談ですが、一時期wikipediaの画像収集にハマっていた時期に同じアングルで写真を撮影しておりました。

上の地下鉄マークは「Moving M」マークに、駅名看板はまだ色あせていませんね。笑

 

Photo,Writer : Osaka-Subway.com
Special Thanks : N.(はるさん)OMS 2018/07/23

KATO Nゲージ 323系大阪環状線 基本セット (4両) 10-1465 鉄道模型 電車
カトー(KATO) (2018-03-29)
売り上げランキング: 82,660

よん・さん・とおダイヤ改正の時代 (トラベルムック)

交通新聞社 (2018-09-19)
売り上げランキング: 2,840

マルコに恋して -大阪地下鉄道20の秘密-
(2017-04-25)
売り上げランキング: 26,537

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。