【中央線】2601F(20系第1編成)引退後の廃車陸送へ②

DSC08634

2014年9月11日(木)から13日(土)にかけ、中央線用20系第1編成が廃車の為、森之宮検車場から解体工場まで陸送搬出されました。同編成は先日お伝えした車両で、VVVFインバータのパイオニア的存在です。

大阪市交通局としても思い入れの深い車両だったのか、交通局森之宮検車場公開時、開発担当の方がそのエピソードを語っておられました。それだけに、同車の廃車陸送の動向が注目されていました。

また、奇しくも9月12日は大阪市交通局設立111周年の記念日で、その記念すべき日に記念すべき車両が廃車解体されることとなりました。

また、この陸送を最後に、今後森之宮検車場から搬出される車両が見当たらないことから、当面は森之宮検車場から陸送搬出される車両がなくなるものと思われます。30系の引退搬出から約3年に渡って陸送をお伝えしてきましたが、しばらくは見ることが出来なくなりそうです。

輸送担当は兼六商事さんです。

関連記事

【中央線】2601F(20系第1編成)引退後の廃車陸送へ①」 – Osaka-Subway.com


DSC08483

森之宮検車場から出てくるトレーラーと2901。

DSC08513

前面扉がはずされ、くっきりとその様子が伺えます。

DSC08540

続いて中間車両の2201も。

DSC08582

森之宮公団住宅前交差点手前で異常がないか点検しています。

DSC08617

大きく弧を描いて曲がっていくその姿は、まさに圧巻の一言。

 

DSC08661

この日は撮影者がたくさんいらっしゃいました。

 

DSC08677

中央大通にて。最後の見納めです。さよなら……。

 

 

 

中央線 2601F 搬出日程

9/11 [2601]-[2301]
9/12 [2401]-[2101] 9/13 [2901]-[2201](今回の記事はこちらをご紹介しました)

 

※文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。 

※陸送撮影に関して、中央分離帯などでの撮影が見られますが、危険行為ですのでおやめください。当サイトでは、原則的に安全な場所から撮影した写真のみを掲載しています。



Photo,Writer: Series207  2014/09/13