【速報】2018年度の御堂筋線新車投入は、11編成の大量増備?

2018年中に発注された30000系の数が、全部で一挙110両(11編成)になっている事が明らかになりました。

これは大阪市交通局の入札案件のページにて判明したことで、110両…すなわち11編成が投入されることを意味しています。

 

10A系にも廃車発生か?

2017年は4編成が製造されることがアナウンスされていることから、今年度中に31609Fまでが出揃う予定ですが、

これを鑑みると、2018年には31620Fまでが投入されると共に、10系や、ひいては新興グループでありVVVF化が完了している10A系の廃車も発生しそうな見込みです。

【追記】どうやら一挙ではなく、4年次に分けての納入となりそうです。2021年までに31620Fまでが出揃う算段のようです。ここに訂正させて頂きます。

 

追記

詳しい入札条件を見ていると、入札履行期限が2021年3月となっていることから、2018年度中に一気に投入するのではなく、2018~21年の4年に分けて分割納入という形になりそうです。

 

民営化へ向けた大量増備なのでしょうか。楽しみですね〜!

 

追記

「緑木検車場のみで、単年度に11編成の一気に投入するのは無理があるのでは」というご指摘を受けました。すなわち入札は一挙にやるものの、投入は2019年度にも分散させて投入するのではないか…という説です。

確かに、先代の21系/23系の時でも、多くて1年度に7編成の投入にとどまっていることから、この可能性も考えられます。

今のところの情報でははっきりしないので、ここに「こういう可能性もある」ということを追記しておきます。

 

関連リンク

【速報】2017年度は御堂筋線に新型車両を4編成、ニュートラムは5編成を新製投入
2016年11月22日、大阪市交通局より平成29年度交通局運営方針(素案)が発表されています。 それによると、2017年度には御堂筋線...

 


ご案内

日常や当サイトで取り上げないような他の大阪市営地下鉄の話題ならこちら

tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

Photo:Series207
Writer: Series207  2017/05/25