【速報】ニュートラムの新車に、光輝く新会社をイメージした「ゴールド」カラーが爆誕!




撮影:もぐら様

ニュートラムへは現在新車の200系が投入されていますが、2018年3月1日に新たに製造メーカーの新潟トランシスから、ゴージャスなゴールドカラーの車両が搬入されました。

これは、4月1日より始まる大阪市交通局の民営化後の新会社である「Osaka Metro」の幕開けをイメージしたもの…なのだそうです。まさか7色から更にカラバリが増えるとは…

 大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro)は、Osaka Metro の営業開始記念の一環として、平成30年4月1日(日曜日)から、南港ポートタウン線にゴールド(金色)の200系車両(4両×1編成)を導入します。

【200-14編成の外観イメージ】
新会社のスタートを意識した色「ゴールド(金色)」を採用。
ゴールド(金色)イメージ
・ 新会社スタートとして、未来に光輝く!
・ 稲穂(いなほ)をデザインに入れる

出典:大阪市交通局『Osaka Metro 営業開始記念「ニュートラム200系ゴールド車両出発イベント」の参加者を募集します』
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/announce/w_new_info/w_new/list_h29_all/20180301_ntgold.html (2018年3月1日)

 

200-13Fは?

撮影:もぐら様

現在投入されているのは12編成までですが、今回投入されたゴールドカラーの新車は「14」…つまり200系14編成を表します。

となると、13編成を飛ばして14編成が作られたことになります

撮影:Osaka-Subway.com

こちらが現在最新投入編成…と思われる、200-12F(200系12編成)です。

撮影:もぐら様

「13」という数字は、特にキリスト教文化の欧米圏で「イエスを裏切ったユダは、最後の晩餐で13番目の席についていたとされており、ユダが13番目の弟子であったとする説もある」などして嫌われていますが、

実はニュートラムでも、先代の100系13Fは住之江公園駅で衝突事故を起こした忌まわしき番号でもあり、あまり縁起の良い数字ではないことから、スキップされているのかもしれません。

今回の輸送担当は山広運輸さんです。    撮影:もぐら様

 

製造は平成30年3月となっています。 撮影:もぐら様

 

新会社の出発イベントを開催

また、このゴールドカラーの200系14編成を用いて、新会社1日目となる2018年4月1日に「ニュートラム200系ゴールド車両出発イベント」を事前応募制で行うとのことです。

日程:2018年4月1日 13:30~15:00
式典内容:テープカット、駅長さんによる出発合図、200-14Fへの乗車、記念品配布
募集人数:50名
応募期間:本日から3月16日まで
https://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/announce/w_new_info/w_new/list_h29_all/20180301_ntgold/form.html

 

この記事の著作者、撮影者



Photo:もぐら
Writer :Series207   2018/3/2



マルコに恋して -大阪地下鉄道20の秘密-
(2017-04-25)
売り上げランキング: 26,537

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。