【速報】大阪市営地下鉄売店の新事業者はローソンに決定




DSC03250

大阪市交通局は、平成28年9月30日(金曜日)から地下鉄駅構内売店及び専門店の運営事業者募集を行っておりましたが、平成28年11月30日(水曜日)に実施した価格提案審査の結果、次のとおり決定しました。

1 募集結果
・ 運営事業者
北エリア 株式会社ローソン
南エリア 株式会社ローソン

・ 価格提案事業者
北エリア 2者
南エリア 2者

・ 決定使用料(月額・税込)
北エリア 16,031,506円
南エリア 28,727,256円

http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/business/contract/choutatsu-igai/sonota/20161130_baiten_kekka.html

DSC03251

これまで北はポプラ、南はファミマでしたが、なんと北・南両方の売店共、ローソンになることになります!!

 

ファミマ・ポプラ時代との比較

DSC02201

北エリア年間使用料:1億9237万8072円
南エリア年間使用料:3億4472万7072円
合計:5億3710万5144円

ローソン(2017年~) ファミマ+ポプラ(2012~16年)
 年間使用料 5億3710万円 3億5000万円(+売上の1%の歩合制)

ファミマ・ポプラ時代と比較して、その使用料は1.5億円上乗せられたことになります。

他に応募した事業者がもう1社あったそうですが、2015年度のファミマの売上高は27億2500万円と赤字にはならないことから、ファミマが継続契約を試みたのでしょうか…?

 

関連リンク

大阪市営地下鉄の売店にコンビニを入れた結果……歳入は5倍に!
以前こちらの記事で「撤退か?」とお伝えした売店事業ですが、どうやら杞憂だったようです。 ファミマ・ポプラは、大阪市営地下...

 

-ご案内-

他の大阪市営地下鉄の話題も調べてみませんか?こちらから!

tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

Photo,Writer :Series207  2016/12/02

マルコに恋して -大阪地下鉄道20の秘密-
(2017-04-25)
売り上げランキング: 26,537


旅と鉄道 2018年増刊9月号 アニメと鉄道2018
旅と鉄道編集部
天夢人 (2018-07-17)

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

ABOUTこの記事をかいた人

大阪市営地下鉄ファンサイト「Osaka-Subway.com」運営主宰。 2017年4月に鉄道趣味本としては初めての、電子書籍「マルコに恋して」を出版。 その他、クレジットカードファンサイト「鉄道ファンのクレジットカードのりば」なども運営中。