大阪港の「マルコ看板」は70年万博の生き残りだった【コラム】

大阪港の「マルコ看板」は70年万博の生き残りだった【コラム】

以前ご紹介した、大阪港に残るマルコ看板。

実はこれ、驚くべきことに1970年の万博用として仕立てられたものであったことが判明しました。

https://twitter.com/OsakaSubwaycom/status/1531512209179672576

 

 

海外旅客の案内用

何故ここに立っているのかというと、海外から築港(大阪港)を経由してやってくる旅客向けのものだったとか。

いわば、今でいう伊丹空港や関西空港に看板を設置するようなものです。当時は船舶での来阪がメインだったのですねぇ。

築港から大阪港駅までは少し距離があることから、迷わないように設置されたものだそうです。

 

大阪港外客の地下鉄大阪港駅までの案内。

大阪港・中央突堤および天保山ふ頭に地下鉄大阪港駅への案内標識を設置するとともに、大阪港駅上屋に駅表示を新設する。(上屋改装工事と同時に行なう)

地は白色
文字は丸ゴヂック
ローマ字は角ゴヂック
マーク、矢印、ふち線は青色(反射)

 

出典:大阪市交通局「万博輸送について」昭和44年5月

 

マーク、矢印、ふち線は青色」と書かれていますが、風化して完全に色合いがわからなくなっていますね…。

 

それにしても、まさかこのなんてことない看板が万博の生き証人だったなんて

何気ないところにこんなロマンがあったなんてびっくりでした。これだから史料漁りはやめられません(笑)

いつまでも残ってほしいものですが…流石にもう厳しいかな。

 

関連リンク

【コラム】大阪港に残る「マルコ看板」

参考文献

出典:大阪市交通局「万博輸送について」昭和44年5月



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
19日(祝)
20日(火)
21日(水)
22日(木)

大阪メトロ関係製品




4号線:中央線カテゴリの最新記事