【御堂筋線】2026年から21系180両の更新に着手へ

【御堂筋線】2026年から21系180両の更新に着手へ

大阪メトロは、2021~2026年度と2026~2036年度までのバリアフリー整備計画を発表しました。

既に阪神京阪でも同様の発表がありますが、大阪メトロでも今後10円値上げを行うとしています。

この財源を用いて、御堂筋線の18編成180両について「車両の低床化を目的とした車両更新を行う」と発表しました。

 

整備費:360億円

具体的な形式は明示されていないものの、

・御堂筋線で
・低床化しておらず
・それなりに経年度合いがある車両で

・18編成が在籍する

という前提条件から、間違いなく21系のことでしょう。

整備費は360億円で、1編成あたりの価格に直すと20億円となります。

 

21系の置換えは…?

21系は1991年に01編成が初登場。以後1998年まで7年の間、合計18編成が増備されてきました。

2026年時点で21系は経年35年を迎えることから、確かにそろそろ…といった年ですね。

今回の発表では2026年4月~2036年3月末の10年間での整備予算となっていることから、概ね10~11年で車両更新(新造)が図られるものと見られます。

 

(2022年のエイプリルフール画像です)

どの車両で置換えられるのかはまだわかりませんが、時期的にやはり400系を御堂筋線へもあてがうのか、はたまた整備性から30000系を連続して増備するのか…注目ですね。

伝統的に御堂筋線から撤退した車両は、短縮して他路線(特に千日前線)へ転属するケースが多く見られますが、21系は廃車となるのか、それとも転属するのかも気になるところです。

 

関連リンク

 

【御堂筋線】21系原型車、消滅

【エイプリルフールです】新車400系、御堂筋線への投入を発表。21系を置換えへ

【さよなら】最後の10A系26編成(1126F)、廃車陸送

参考文献

大阪市高速電気軌道株式会社「バリアフリー整備・徴収計画



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
19日(祝)
20日(火)
21日(水)
22日(木)

大阪メトロ関係製品




1号線:御堂筋線カテゴリの最新記事