【御堂筋線】21系原型車、消滅

【御堂筋線】21系原型車、消滅

2021年3月24日、最後の原型車となっていた21系18編成(21618F)が緑木検車場へと入りました。リニューアル改造を行うものと見られます。

 

1991年のデビュー以来長年御堂筋線で活躍し続けた21系。大阪市営地下鉄らしいGTOインバータの音が、御堂筋線から消えてしまいました。

 

9年間で18本のリニューアル

21系のリニューアル改造は、2012年8月の21系07編成(21607F)からスタート。TASC対応やホームドアの兼ね合いから、他路線よりも優先的に更新工事が進められていました。

足掛け9年で、全18編成全てがリニューアルされることになります。

 

御堂筋線 サラミ地下鉄

9年もの間に外部環境が変わったことで、リニューアル内容も変化しました。

目立つところでは、「サラミ」と当サイトが称したド派手な床から一転、シンプルでアーバンテイストな床に変化しました。

この他、蛍光灯がLED化したり、客室案内装置が電照式からディスプレイ式になるなどしています。

 

21系のリニューアルもこれで一区切り。残るは22系と23系がまだ多数残っていますが、果たしてどうなることでしょうか。

 

関連リンク

【御堂筋線】サラミと呼ばれた新しい赤い床の電車の評判をご覧下さい

【コラム】サラミ地下鉄にサラミを持ち込んだらサラミマシマシだった

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

14日(火)

大阪メトロ関係製品






1号線:御堂筋線カテゴリの最新記事