【御堂筋線】サラミ電車のドギツい配色がやや薄まる…21611Fから順次適用か

御堂筋線 サラミ

「サラミ電車」の名前で有名(?)な、御堂筋線21系のリニューアル車。

その名の由来は、床色が見た目通り「サラミ色」だからで、鮮やかな緑色とも相まって非常にドギツい配色な車内でした。

【コラム】サラミ地下鉄にサラミを持ち込んだらサラミマシマシだった

大阪市交通局としては、せっかく電車をリニューアルをしても車内にあまり代わり映えがないことから、お客さんがリニューアルに気づきにくい…というのを打開するべくこのような配色にしたんだそうです。

谷町線・四つ橋線・中央線(写真は中央線)では、比較的落ち着いた色調のリニューアルであり、そこまでドギツいことはないなんですが、大阪で一番乗車機会が多い地下鉄である御堂筋線だけは、なぜかこのような配色になっていました。

 

マイナーチェンジ?

こちらが元々のサラミ電車…もとい、21系リニューアル車。サラミ色の床に御堂筋のイチョウを表した濃い緑でした

それが、今回のリニューアルから、サラミ色の床はそのままに扉の緑色が淡くなりました…!!

一部カットして見比べると、その差は歴然!

 

外から見ても、以前のものと比べると安定した色調です。これならまだ大丈夫…かな?

またこの編成は、以前お伝えした大型LCDモニタを搭載した車両です。

今回の「淡いサラミ電車」は、21911(21611)と書かれた電車から始まっています。今後同じデザインで波及するのでしょうか…

 

関連リンク

【コラム】サラミ地下鉄にサラミを持ち込んだらサラミマシマシだった

 

日常や当サイトで取り上げないような他の大阪市営地下鉄の話題ならこちら

tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

Photo:Series207
Writer : Series207  2017/10/27