【2017/8】北大阪急行、2020年開業予定の工事現場を見てきました

2020年、北大阪急行は現在の千里中央から更に2.5km北進し、箕面市にある「新箕面駅」まで延伸する計画を立てています。前回は4月に訪れていましたが、あれから4ヵ月…再び工事現場を訪れました。

延伸区間の初乗り運賃は160円で、江坂から新箕面までは230円梅田からは470円程度になる見通しとのことです。

北大阪急行としては、1970年の千里中央駅本駅完成から約45年ぶりの新規事業で、どことなく沿線も活気づいているように感じます。

 

この記事は2017年8月のものです。最新状況は以下のリンクから

【2017/11】北大阪急行、2020年開業予定の工事現場を見てきました

 

新箕面(M6)

前回来訪したのが4月…ですから、4ヶ月ぶりでしょうか。駅の基礎工事に終始しています。

こちらが4月時点での写真。新箕面駅はあまり変わり映えがありませんね

盛土のようなものが現れました。

見事なぶった斬りっぷりのあの橋も変わらず…

一方、バスターミナルは移設されていました。

 

 

駅イメージ図とマップ

minoo2 minoo

出典:北大阪急行線延伸事業 ディスクロージャー2016

 

 

箕面船場(M7)

今回著しい変化があったのは箕面船場駅。道路の側道に鉄道用の隧道建設基礎工事が始まっており、かなり動きがありました。

 

北方向

北方向(新箕面)方面を望む。箕面はアップダウンがあって美しい街ですね

DSC01689

工事に合わせて信号も右側に移設されていました。(上が8月、下が4月時点での写真です)

 

 

☑次のページ>>:変化が著しい箕面船場駅 

他の大阪市営地下鉄の話題も調べてみませんか?こちらから!
tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。


ABOUTこの記事をかいた人

大阪市営地下鉄ファンサイト「Osaka-Subway.com」運営主宰。 2017年4月に鉄道趣味本としては初めての、電子書籍「マルコに恋して」を出版。 その他、クレジットカードファンサイト「鉄道ファンのクレジットカードのりば」なども運営中。