【2017/11】北大阪急行、2020年開業予定の工事現場を見てきました

2020年、北大阪急行は現在の千里中央から更に2.5km北進し、箕面市にある「新箕面駅」まで延伸する計画を立てています。

前回は8月に訪れていましたが、あれから3ヵ月経った今月…再び工事現場を訪れました。

延伸区間の初乗り運賃は160円で、江坂から新箕面までは230円梅田からは470円程度になる見通しとのことです。

北大阪急行としては、1970年の千里中央駅本駅完成から約45年ぶりの新規事業で、どことなく沿線も活気づいているように感じます。

 

新箕面駅周辺

終点となる新箕面駅は高架駅の予定で、国道171号と423号の交点「萱野交差点」より北側、みのおキューズモールに直結する形で建設予定です。

前回来訪から3ヶ月あまり。今回もひたすら基礎工事のみを行っているようで、あまり変わりがありませんでした。大型のクレーンが入っています

こちらが前回来訪時(8月)の同現場。

見事なぶった斬りっぷりのあの橋には、今回タイガーロープと旗らしきものが取り付けられていました。笑

 

バスターミナル

バスターミナルは移設工事が完了し、供用が開始されていました。

こちらが8月時の写真。やや道路側に繰り出しているのがわかります。

上が11月、下が8月時。「新箕面駅」のバリケードがなくなり、仮設のものになっています。

 

駅イメージ図とマップ

minoo2 minoo

出典:北大阪急行線延伸事業 ディスクロージャー2016

 

 

箕面船場周辺

箕面船場駅周辺は、隧道部分の基礎工事が終了して上蓋で覆われました。

こちらが8月に撮影した際の写真。工事状況は著しく進んでいますね。

アスファルトで覆われ、まもなく道路としての供用が開始されそうな感じでした。

北側(新箕面方面)の様子。上が11月、下が8月です。

 

全体的に進捗具合はまちまちで、前回来訪時ほど劇的に見た目に変化があるわけではないようでした。

 

これまでの工事状況

【2017/8】北大阪急行、2020年開業予定の工事現場を見てきました

【北大阪急行】2020年開業予定の「新箕面」「箕面船場」に行ってきました

 

日常や当サイトで取り上げないような他の大阪市営地下鉄の話題ならこちら

tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

Photo,Writer : Series207  2017/11/21