【少し昔の写真:2009年12月7日】相互直通運転40周年記念、66系の嵐山線乗り入れ

DSC02876_1

2009年12月7日、今から約6年前ですが、堺筋線と阪急との相互直通運転40周年を記念して、嵐山~天下茶屋間の臨時列車が運行されたことがありました。

現在でも直通列車として、行楽季節には天下茶屋~嵐山間の臨時急行が稀に運行されますが、今回はなんと大阪市営の代表車両66系が6両に編成を短縮した上で嵐山駅に入線する、という前代未聞の面白列車でした。


DSC02777_1

午前9時。嵐山行きの臨時列車66601Fが天下茶屋まで送り込まれます。編成が6両になっています…が、この写真では少しわかりづらいですね

DSC02782_1

淡路駅では66系の並ぶ風景が。左が66917F(後期車)、右が66912F(前期車)と、前期後期の最新編成が並びました。こうして見ると細かなところの違いがよくわかりますね。

DSC02783_1

当時最新鋭だった阪急の9300系。一応堺筋線にも入線可能な規格になっているそうです…が…?

DSC02784_1阪急のCIロゴは宣伝されててどこかおしゃれ。

 

嵐山線へ

DSC02818_1

そのまま先回りして嵐山線の沿線へ。大きく「天下茶屋 臨時 嵐山」のステッカーが掲示されています

DSC02876_1

嵐山駅にて。6両限界のこの駅に66601Fが入るのは殆どありません。一応、落成当初に桂までの入線記録があるようですが、嵐山への入線は初めてのことなのだそうです。

 

 

日常や当サイトで取り上げないような他の大阪市営地下鉄の話題ならこちら

tetsudocom_logo

 

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

 

Photo,Writer:Series207  2015/7/14