【大阪北部地震・2018.6】大阪メトロ・北大阪急行においての被害状況まとめ




2018年6月18日7時58分、大阪北部を震源地とする地震が発生した影響で、大阪メトロ(Osaka Metro)も全線が一旦運休するなどの被害を受けました。

この地震では梅田が位置する大阪市北区で震度6、都島区や東淀川区で震度5、それ以外の大阪市内でも震度4を計測しています。

将来、同じような地震災害が起きた場合に「どれぐらいで動くのか・動かないのか」「その場にいたほうがいいのか、帰る準備をしたほうがいいのか」という指標として、後々検索で情報を得られるようにここに記録しておきます。

 

地震の時は復帰までどれぐらい?

地震の際は、原則的に作業員の方が地下トンネルを一つ一つ全線点検して廻ります。その為、1時間程度では復旧しません。

今回の地震で復旧が最速だったのが「谷町線・四つ橋線・長堀鶴見緑地線・今里筋線」で、いずれも2時間ほどでの復旧を果たしています。

これは全線が地下(谷町線は八尾南だけ地上)で揺れの被害が少なかったことが挙げられます。地下路線は地震の際、地盤と一緒に動くので比較的被害が少ない傾向にあります。

逆に時間がかかったのが高架区間を持つ「御堂筋線・中央線」で、復旧まで中央線は7時間、御堂筋線に至っては13時間かかっています。

高架区間は地盤と逆の動きをする分地震の被害が大きくなりがちで、今回この2路線も第三軌条が落下するなどの対応に追われました。