【関西初】ベビー用紙おむつの自販機を3駅に設置中

【関西初】ベビー用紙おむつの自販機を3駅に設置中

Osaka Metroは、西長堀駅・扇町駅・住之江公園駅の3駅におむつの自動販売機の設置を始めました。

これはダイドードリンコと大王製紙、セコムの子会社がコラボしたもので、ダイドードリンコの自販機に大王製紙のおむつを置くというものです。3社は全国へ200台の設置を目指しています。

関西では滋賀県の道の駅「あいの土山」などで設置事例がありますが、鉄道施設への設置としては関西初の事例となります。

 

設置場所

・西長堀駅…千日前線側、南改札付近(大阪市中央図書館の近く)
・扇町駅…北改札付近
・住之江公園駅…四つ橋線側、南南改札付近

上記駅へ設置理由については、中央図書館やキッズプラザ大阪などが沿線にあり、子連れ客が多いことが理由とのことです。

 

 

自販機の外観

自販機の外観。下半分がピンク色で、Dydoのコーポレートカラーである黄・赤の文字がはいっています。

 

販売されているのは、大王製紙のベビー用紙おむつ「GOO.N(グ〜ン)2枚入り」(Mサイズ、Lサイズ:各240円)、「GOO.N(グ〜ン)肌にやさしいおしりふき 70枚入り」(240円)の3種類です。

 

おむつの準備を忘れた際や、不足した時など咄嗟のイレギュラーな場面で助かりますね。

 

 

この自販機は、国土交通省が「子育て応援施設の整備を加速していく」と発表したことを受けて、飲料メーカーであるダイドードリンコ、製紙業の大王製紙株式会社、セコム医療システム株式会社の3社がコラボし、子育て世代を応援するための取組みとして開始したものです。

全国の鉄道駅では、西武鉄道の所沢駅(埼玉県)への設置が初となります。

 

 

参考文献

大阪市高速電気軌道株式会社『~Osaka Metro 3駅で子育て世代を応援~ ベビー用 紙おむつ自動販売機を設置! 関西エリア鉄道関連施設に初設置

ダイドードリンコ株式会社『~Osaka Metro 3駅で子育て世代を応援~ ベビー用 紙おむつ自動販売機を設置! 関西エリア鉄道関連施設に初設置

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

14日(火)

大阪メトロ関係製品






Osaka Metroカテゴリの最新記事