御堂筋線なんば駅、最後のホームドアを3月に設置へ

御堂筋線なんば駅、最後のホームドアを3月に設置へ

Osaka Metroは、御堂筋線なんば駅へホームドアを設置することを発表しました。

設置工事は来年1月~3月の間に行われ、運用開始は2022年3月上旬からとしています。

これにて、御堂筋線では全駅へのホームドア設置が完了します。

 

足掛け7年

御堂筋線へのホームドア設置工事は、大阪市交通局時代の2015年に天王寺・心斎橋の2駅からスタート。

その後一旦工事を中断して民営化。2020年11月より中百舌鳥駅を皮切りに設置工事を再開しました。

当初より2021年度中(=2022年3月末まで)の工事完了を予告しており、その計画通りの設置となりました。

 

設置当初は車両側にTASCと呼ばれる定点停止装置が取り付けられておらず、運転士さんの神業で停車させるという人力に頼った簡易的なホームドア設置が行われていました。

今年1月にようやくTASC取付工事が行われ、ホームドアにあわせて列車が自動で止まるようになりました。

 

ホームドアの歴史

 

2015年
天王寺・心斎橋に設置
天王寺(2月)が最初の設置
2019年3月
交通局民営化
一旦工事が中断する
2020年
3駅に設置・稼働開始
なかもず・新大阪・江坂へ設置
2021年
12駅に設置・稼働開始
残るは3駅に
2022年
全駅に設置完了
なんば駅をもって御堂筋線全駅に設置

 

参考:ホームドア設置駅

 路線名(設置年) 設置駅
 ニュートラム(1981年・1997年) 全駅
中ふ頭~住之江公園(1981年3月・開業時から)
コスモスクエア・トレードセンター前(1997年12月・開業時から)
 今里筋線
(2006年)
全駅(開業時一斉設置)
 長堀鶴見緑地線(2010-11年) 全駅
大正(2010年7月)、ドーム前千代崎(8月)、西長堀~心斎橋(9月)、長堀橋~玉造(10月)、森ノ宮(11月)、大阪ビジネスパーク~蒲生四丁目(12月)、今福鶴見(2011年1月)、横堤・鶴見緑地(2月)、門真南(10月)
 千日前線
(2014年)
全駅
南巽(2014年4月)、北巽(5月)、小路・新深江(6月)、今里(7月)、鶴橋・谷町九丁目(8月)、日本橋(9月)、なんば・桜川(10月)、西長堀・阿波座(11月)・玉川、野田阪神(12月)
 御堂筋線
(2015年-22年)
天王寺(2015年2月)、心斎橋 (同3月)、なかもず(2020年11月)、新大阪・江坂(12月)、西中島南方(2021年1月)、中津(3月)、梅田(3月)、昭和町(4月)、西田辺(5月)、長居(6月)、あびこ(7月)、北花田(8月)、新金岡(9月)、淀屋橋(10月)、本町(10月)、大国町(12月下旬予定)、東三国(2022年1月中旬予定)、動物園前(2022年1月下旬)、なんば(2022年3月)
 谷町線
(2020年-25年)
東梅田(2020年2月)
 堺筋線
(2020年-22年)
堺筋本町(2020年3月)
 四つ橋線
(2021年-24年)
西梅田(2021年11月)・大国町(2022年2月中旬予定)
 中央線
(2024年度中)
未設置

 

関連リンク

【御堂筋線】天王寺駅で同線初の可動式ホーム柵(ホームドア)設置工事がはじまる

【御堂筋線】電車が自動で止まります…自動停止装置「TASC」運用開始

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
2日(土)
3日(日)
4日(月)
5日(火)
6日(水)
7日(木)
8日(金)
9日(土)
10日(日)
11日(月)

大阪メトロ関係製品




1号線:御堂筋線カテゴリの最新記事