【さよならサラミ】御堂筋線21612Fがリニューアル。車内アコモを一新




撮影:joまさ様

2018年10月3日、御堂筋線21系12編成(21612F)が製造後約25年を迎えたことからリニューアル工事を施工され出場、その後の動作確認の為四つ橋線内で試運転を行いました。

今回のポイントは内装デザインも大幅にリニューアルされ、あのサラミ床がなくなった点です。

 

撮影:joまさ様

こちらがリニューアル改造された今回の21系。床デザインが都会的なグレーカラーになった他、扉が阪急車両のように木目調となっています。

営業開始しました。奇抜な色よりもやはりこういったグレーが落ち着きますね 撮影:みどう様

 

撮影:osaka-subway.com

これまでの21系リニューアル編成は当サイトでいわゆるサラミと呼んだ床色に、真緑のドアデザインと強烈な配色が特徴的でした。

撮影:osaka-subway.com

あまりにもサラミに似過ぎて、当サイトではわざわざサラミを持ち込んで検証した程です。

撮影:joまさ様

それが今回、おとなしいアーバンテイストなデザインへと切り替わっていました。ちょっと寂しい…

ディスプレイはなぜか「大阪市交通局」のままですが、近い内にこれもメトロ化していくものと思われます。また、貫通扉も赤色であったようです。

今回のやや落ち着いたデザインも、民営化による効果なのでしょうか。

 

関連リンク

【コラム】サラミ地下鉄にサラミを持ち込んだらサラミマシマシだった

【御堂筋線】サラミと呼ばれた新しい赤い床の電車の評判をご覧下さい

【御堂筋線】サラミ電車のドギツい配色がやや薄まる…21611Fから順次適用か





マルコに恋して -大阪地下鉄道20の秘密-
(2017-04-25)
売り上げランキング: 26,537

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。