【谷町線】36年モノの喜連瓜破駅のエレベータがリニューアル完了、見違えるほど綺麗に




撮影:みどう様

自著「マルコに恋して」でもご紹介しましたが、1980年に地下鉄で初めて取り付けられ36年間も運用され続けた喜連瓜破駅のエレベーターが、リニューアル工事を終えて供用を開始した模様です。

喜連瓜破のエレベーターを特別視する理由

撮影:Osaka-Subway.com

どこにでもある普通の役エレベーターのように思えますが、この喜連瓜破駅のエレベーターは1980年の路線開業時に地下鉄として初めて設置された、栄誉あるエレベーターです。

当時はまだ駅にエレベーターという概念自体がない時代で、NPO法人「誰でも乗れる地下鉄をつくる会」の働きかけによって作られた経緯があります。

大阪地下鉄の、ひいては日本の地下鉄では営業用として最古のエレベーターでしたが、付近に障害者施設があった関係で、リニューアルに必要な長時間の時間(休業)が取れず、長らく置き換えがなされていませんでした。

 

事故が発生していた

しかしながら、2016年7月にはエレベーターが停止し男子学生が長時間取り残される事故も起きるなど、老朽化に伴う様々な不具合・経年劣化も見られ、ようやくこの度リニューアル工事の運びとなりました。

2日午前8時35分ごろ、大阪市営地下鉄喜連瓜破(きれうりわり)駅(同市平野区喜連)の改札階と地上階を結ぶエレベーターが停止し、登校中の高校1年の男子生徒(15)が閉じ込められた。男子生徒は約1時間後に救出されたが、体調不良を訴え病院に搬送された。大阪市交通局で原因を調べている。

交通局によると、エレベーターは、先月27日の定期点検時に異常は確認されなかった。設置は昭和55年11月と古く、市営地下鉄で設置されているエレベーターに同型は他に一台もないという。

出典:産経新聞『地下鉄エレベーターに男子高生「1時間」閉じ込められる 大阪・喜連瓜破駅』http://www.sankei.com/west/news/160702/wst1607020052-n1.html、2016年7月2日

 

これらのこともあり、ようやくリニューアル工事が行われることになりました。

 

新旧比較:駅改札部

入口部分。扉・操作板ともにリニューアルされましたが、これまでつけられていた車イスマークや説明書きはなんとそのまま。 撮影;Osaka-Subway.com

DSC03538

階数表示部分。ここも見違えましたね。 撮影;Osaka-Subway.com

DSC03543

2代目の製造も引き続き三菱電機が対応。初期プロトタイプだとシステムが特殊なのでしょうか 撮影;Osaka-Subway.com

 

DSC03549

頭上。こちらも近代的になりました。 撮影;Osaka-Subway.com

 

新旧比較:駅出口部

DSC03504

撮影;Osaka-Subway.com

どこかレトロだった操作板も、近代的なものへと生まれ変わりました 撮影:みどう

エレベーターは引き続き、三菱電機製のものになっています。 撮影:みどう

DSC03503

撮影;Osaka-Subway.com

外側の操作盤比較。ポピュラーなタイプへと切り替わっています。 撮影:みどう

 

エレベーター 左矢印← プレート 看板 15cm×15cm
ディスプレイヘルプドットコム
売り上げランキング: 87,626

 

関連リンク

日本初の地下鉄エレベーター設置駅である、喜連瓜破駅を見てきました

 

この記事の著作者、撮影者

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。



Photo:Osaka-Subway.com 、みどう
Writer:Osaka-Subway.com   2018/04/08



マルコに恋して -大阪地下鉄道20の秘密-
(2017-04-25)
売り上げランキング: 26,537

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。