日本初の地下鉄エレベーター設置駅である、喜連瓜破駅を見てきました

喜連瓜破 エレベーター

先日、様々な日本初が多い大阪市営地下鉄をご紹介しましたが、実はこんなところにも日本初がありました。

それは「日本初の地下鉄エレベーター設置」です。

 

日本初のエレベーターが設置されたその駅は、梅田やなんばなどの利用客の多い駅ではなく、意外にも谷町線の端っこの駅である…

 

喜連瓜破 エレベーター 閉じ込め

喜連瓜破駅でした

 

 

 

年季の入ったエレベーター

喜連瓜破 エレベーター

1980年に開業した喜連瓜破駅は、開業当初からバリアフリーにいち早く対応した駅でした。

DSC03503

昭和55年製のエレベータ……灯具類にかなり年季が入っています

DSC03504

中の操作盤。ボタンを押すと黄色の光が浮かびあがり、どことなくノスタルジー。

 

「MMC」製のエレベーター


喜連瓜破 エレベーター

こちらは駅構内のエレベーター。駅外のものとさほど変わりませんね

DSC03538

ひとにやさしいまちづくり…その先駆けともいえる駅ですね

DSC03543

最初のエレベーターは三菱電機製

DSC03546

三菱自動車のことを「MMC」と昔は略しましたが、こちらも「MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATION」の文字が

DSC03547

ボタン類がすごくレトロです。

DSC03548

ボタン類はこんな感じ。

DSC03549この辺は現代のエレベーターとそう変わりありませんね

 

現在は油圧式エレベーターが登場し、あまり縦にスペースが取れない御堂筋線天王寺駅・難波駅1番線千日前線乗換え部などのような場所でもエレベーターを設置できるようになりました。

現在は地下鉄全駅に必ず1つはエレベータが設置されていますが、そのきっかけをつくったのが喜連瓜破駅だったのです。

 

ちなみに

1番目の駅は喜連瓜破駅(1980年)ですが、2番目の駅は長居駅(1981年11月・日立製作所製)、3番目の駅は北巽駅(1981年12月・日立製作所製)なのだそうです。北巽駅のものは近年リニューアル工事が行われ、現存していません。

当時の方針としては、身体障害者施設やバスターミナルとなる駅を優先的に設置していく方針であったようです。

 

市民団体「誰でも乗れる地下鉄をつくる会」の運動が原点だった

2008年の毎日新聞には次のように記載されています。

先月中旬、大阪市営地下鉄谷町線の喜連瓜破(きれうりわり)駅(同市平野区)。元「誰でも乗れる地下鉄をつくる会」代表でグラフィックデザイナーの牧口一二(いちじ)さん(71)=同市城東区=は、改札ホームとつながるプラットホームのエレベーター前で、顔をほころばせた。

 

東京メトロや名古屋の地下鉄、そして大阪の地下鉄など今では、「普通の光景」になった駅のエレベーター。28年前の1980年11月27日、地下鉄として全国初のエレベーターが設置されたのが、この喜連瓜破駅である。設置には、牧口さんら「つくる会」の障害者たちの4年にわたる地道な取り組みがあった。

幼少時にポリオ(小児まひ)にかかり足に障害がある牧口さんは、松葉づえで長く生活してきた。75年、京都であった「車いす市民全国集会」に参加した。当時は「バリアフリー(障壁の除去)」という考え方も社会に浸透していない時代。車椅子で街を移動するのは困難を極めていた。

大阪に戻った牧口さんは、仲間と一緒に「つくる会」を76年に結成。地下鉄の駅にエレベーターを設置するよう、市交通局と話し合いを重ねた。交通局の幹部に車椅子に試乗してもらうデモンストレーションもした。

(中略)

「つくる会」の運動は実った。喜連瓜破駅のエレベーターの入り口には現在、「“ひとにやさしいまちづくり”を推進しています 大阪市」と書かれた縦横20センチのプレートが張られている。

-毎日新聞 2008年11月23日 大阪朝刊号より

 

牧口さんらのこの決死の行動が、日本全国にエレベーターを設置するきっかけになったのですね。

今では当たり前になった地下鉄のエレベーター。主要三都市ではどこでも見かける光景ですが、そのきっかけが大阪市営地下鉄であることに、うれしく思います:))

-ご案内-

Osaka-Subway.comってどんなサイト?管理者は誰?(プロフィールページ)

他の大阪市営地下鉄の話題も調べてみませんか?こちらから!

tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

Photo,Writer : Series207  2015/08/03