【御堂筋線】「草不可避」な中津駅の様子をご覧下さい

中津行き 御堂筋線 30000系

「草不可避」といえば、「笑うこと(www)を回避できない」、要は「面白くて笑いをこらえる事が出来ない」ということを指すネット用語ですが、

 

 

 

なんと、中津駅も草不可避でした

 
DSC06405_1

中津駅のベンチで一休みしていた時の事……

 

 

地下水が流れて汚いなあ…と思っていたら

 

DSC06408_1

…ん?

 

 

DSC06411_1

 

(地下駅の壁に) 草 が 生 え て い る

 

 


 

地下駅なのに草…

DSC06411_1

拡大してみると…

なんでしょう、四つ葉のクローバーのような……

 

 

DSC06412_1

ちなみに他の部分にも草が生えていました

これは、大阪市営地下鉄の駅の自然回帰現象の始まりなのでしょうか…

 

 

地上駅ならともかく、中津駅は地下駅

満足に光合成もできないはずなのに、草が生えているとは…

 

 

DSC06413_1

そして、いくら草が生えていようがおかまいなしに今日も御堂筋線の車両は駆け抜けていくのでした…

 

-ご案内-

Osaka-Subway.comってどんなサイト?管理者は誰?(プロフィールページ)

他の大阪市営地下鉄の話題も調べてみませんか?こちらから!

tetsudocom_logo

 

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

Writer:Series207  2016/5/07