【御堂筋線】30000系7編成(31907)陸送搬入!マルコマークがなくなる…

2017年9月7日から12日にかけて、御堂筋線30000系第7編成が、川崎重工業より緑木検車場まで陸送搬入されました。輸送担当は日本通運さんです。

 

11日

11日。この日は中間車両である31307号車他1両(9号車)が陸送されました。写真は神戸三宮を行く31307号車

12日

12日。この日は先頭車である31907号車(1号車)と2号車の陸送です。

車内ディスプレイは恒例となったデュアルLCDモニタを搭載

 

消えたマルコマーク

今回の陸送における特筆すべき点として、今まであった「マルコマーク」が今回の編成からなくなっています。

民営化に伴うマルゴマークのリニューアルの布石でしょうか…

参考に、前回の31906号車陸送時の写真。ドアの横に「マルコマーク」があるのが確認できますね

今回はそれが省略されています。

一方で、大阪市交通局章(澪電マーク)はまだ残っております…!こちらは民営化後も残るものと思われます。製造は「平成29年10月」となっています。

 

関連リンク

【御堂筋線】新車、30000系6編成(31906)陸送搬入!

【御堂筋線】新車、30000系5編成(31905)陸送搬入!

 

 

-ご案内-

 

日常や当サイトで取り上げないような他の大阪市営地下鉄の話題ならこちら

tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

Photo:Series207
Writer : Series207  2017/09/11