【Osaka Metro】19年ぶりに車内自動放送が新フォーマットへ




3_1

2018年8月1日より、駅到着・駅発車後時などにおいて車内で流れる車内自動放送が、御堂筋線・谷町線・四つ橋線・堺筋線などで新しいものへとリニューアルされています。

おそらくこれほど大幅な内容更新は1999年の自動アナウンス声優が秀平真由美さんへの交代時以来で、約19年ぶりとなります。

また、千日前線やニュートラムなどのワンマン・ATO路線については放送始動部分などで差があるのか、現在のところ旧来のものがそのまま使用されています。

ひとまず私もまだ全部の変更内容は追えていませんが、主な更新内容は次の通り。

 

駅発車時

赤字:新たに追加された部分  青字:削除された部分

中間駅

  • 次は、玉出、玉出です。出口は右側です。
    The next station is Tamade. Station number Y19.
  • 次は、玉出です。
    The next stop is Tamade. Station number Y19.

発車時の日本語による出口案内と駅名の繰り返しがなくなっています。また、新放送では英語放送の言い回しが「Station」から「Stop」になっています。

【追記】扉案内については、左右が変わる場合のみ案内するようです。
(情報提供:近鉄9820様

 

終着駅

  • 従来:次は、八尾南、八尾南。終点です。
  • 新放送:次は、八尾南。終点です。
    The next stop is Yaominami. Station number T36. our Final stop.

これまで終着時には英語放送がなかったものの、今回の更新から追加されています。また、中間駅放送と同様に日本語による駅名の繰り返しがなくなっています。

 

駅到着時

中間駅

  • 玉出、玉出。右側の扉が開きます。ご注意下さい
  • 玉出、玉出。右側の扉が開きます。ご注意下さい。
    Tamade. We will be stopping at Tamade. Station number Y19. (Please be careful.)

日本語については変化がありませんでしたが、新たに英語が追加されています。また、「Please be careful.」については駅放送時間に余裕がない場合はカットされるようです。玉出駅では放送されていませんでした。

 

終着駅

  • 従来:本日もOsaka Metroをご利用頂きまして、ありがとうございました。八尾南、八尾南。終点です。お忘れ物のないようご注意下さい。右側の扉が開きます。ご注意下さい。
    This is the final stop.Yao-minami. Station number T36. Thank you for taking subway.
  • 新放送:本日もOsaka Metroをご利用頂きまして、ありがとうございました。八尾南、八尾南。終点です。お忘れ物のないようご注意下さい。右側の扉が開きます。ご注意下さい。
    Yao-minami. We will be stopping at Yao-minami. Station number T36.  our Final stop.
    Thank you for riding with Osaka metro today.

 

英語放送が大幅に追記されています。日本語放送についてはそのままでした。

当初はriding~…のあとがweなのかwithなのかはっきり聞き取れませんでしたが、YoutubeのコメントやJulian Grybowski 様によると、withだったようです。皆さんありがとうございました。

また、住之江公園と八尾南で確認しましたが、それぞれ終着時に流れるメロディ・河内音頭についてはそのままでした。

 

参考動画とまとめ

今回の新放送と旧放送とを比較・収録した動画もアップロードしましたので、こちらもあわせてどうぞ。

まだこの記事については未完成です。細かな間違いなどがあればご指摘いただけると幸いです。

 

協力:近鉄9820様 、Julian Grybowski 様

KATO Nゲージ 323系大阪環状線 基本セット (4両) 10-1465 鉄道模型 電車
カトー(KATO) (2018-03-29)
売り上げランキング: 82,660

よん・さん・とおダイヤ改正の時代 (トラベルムック)

交通新聞社 (2018-09-19)
売り上げランキング: 2,840

マルコに恋して -大阪地下鉄道20の秘密-
(2017-04-25)
売り上げランキング: 26,537

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。