大阪の地下鉄、ちょっと懐かしの機器達を振り返る

普段は鉄道車両が注目されがちですが、大阪の地下鉄を影で支えてきた機器達に今日はスポットをあてようと思います。

こういうモノ、あなたも意識せずにお世話になりませんでしたか?^^


ベンチ

DSC07950

使用期間:不明(現在でも残っている?)

今では4つの個席ベンチですが、それになる前はこういう所謂「フツーのベンチ」でした。懐かしいですね

 

のりこし精算機

DSC08147

左の日本信号製、FC1261Lは現在でも数台が稼動しているようです。

右側の立置式のものはもうなくなってしまいました。(メーカー・型番など調査しています。ご存知の方がいらっしゃれば是非お知らせください)

 

自動定期発券機

DSC01703 DSC01704

使用期間:?~2009年3月20日

かつて自動定期券売機が使用されていました。ですが、その後機器更新ではなく撤去されるという事態に。訳がわからないよ…

「迂回定期などの特殊な仕組みがあるからだ」と以前指摘を受けましたが、いやそもそも迂回定期買う人がどんだけおるのか…
今ではどの駅でもあるピンク色の自動定期券売機が2011年9月に設置されるまで、年度が代わる3-4月頃、定期券売り場は大混雑でした。

ちなみにピンクの自動定期券売機が設置されると、梅田・なんば・天王寺などにある大きな定期券発券所を除き、末端区間の販売所は閉鎖しました。
つまり、機器を更新できない、いやしなかった理由は…?(ニッコリ)

参考:http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/faq/torikumi/100519_jidouteihatu.html