【速報】22年ぶりの新しい発車標(行先表示装置)が登場!?江坂駅に謎の筐体が出現

【速報】22年ぶりの新しい発車標(行先表示装置)が登場!?江坂駅に謎の筐体が出現

撮影:M.K100系様SAS管理人

2021年2月9日、御堂筋線江坂駅に黒のビニールに覆われた謎の大きな筐体が出現していることが確認されました。

大きさからして、新しい発車標(行先案内機)ではないかと当サイトでは推測しています。

 

22年ぶりの行き先表示装置?

撮影:M.K100系様SAS管理人

今回新しく取り付けられた謎の筐体。厚み・幅共にかなり大型で、ホームの柱と同じぐらいの大きさがあるように見えます。

 

撮影:M.K100系様SAS管理人

重量があるからか、天井部分にガッチリと抑えられています。

ここまで大型の筐体となると、方面表示のサインシステムというよりかは電子機器を積んだ発車標と考えられるところです。

 

 

撮影:Osaka-Subway.com

御堂筋線では1999年に導入された発車標(京三製作所製)が述べ22年に渡って運用されていますが、LED素子の劣化や多言語表記、及び文字以外のアニメーション表示が容易なことから、これより後に導入された千日前線・中央線などではLCDディスプレイ表示が採用されています。

果たしてベールを脱ぐのはいつの日でしょうか…。

 

LED発車標の仕様

表示素子
和文表示用:96mm角、3色 24×48ドットLED
英文表示用:40x80mm角、3色 16×32ドットLED

行先表示部分:和文:6文字・一段/ 英文:14文字、一段
接近表示部分:和文:6文字・一段/ 英文:14文字、一段
メッセージ表示部分:和文:10文字・一段

 

関連リンク

大阪の地下鉄、行先案内機(発車標・旅客案内表示装置)の歴史② LED式編

 

 



大阪メトロ関係製品







大阪メトロイベント情報(Tetsudo.com

1号線:御堂筋線カテゴリの最新記事