大阪メトロ、日本の鉄道企業で「資本金1位」になっていた

大阪メトロ、日本の鉄道企業で「資本金1位」になっていた

日本の第一種鉄道事業者で、いつのまにかOsaka Metroが資本金ランキング第一位になっていたようです。

Osaka Metroを運営する大阪市高速電気軌道は、2019年3月末時点での資本金が2500億円でした。

2017年の準備会社設立時には8750万円でしたが、その後増資を行ったようですね。

 

資本金ランキング

 事業者名 資本金額
 大阪市高速電気軌道  2500億円
 JR東日本  2000億円
 首都圏新都市鉄道  1850億円
 近鉄グループホールディングス  1264億円
 東京臨海高速鉄道  1242億円
 JR東海  1120億円
 東武鉄道  1021億円
 名古屋鉄道  1011億円
 JR西日本  1000億円
 阪急阪神ホールディングス  994億円
 南海電鉄  729億円
 東京メトロ  581億円

 

 

尚、第三種鉄道事業者も含めると、新関西国際空港の資本金が3000億円とトップです。

ただし、線路をJRと南海に貸し出すだけという特殊な形態なので、自分で鉄道車両を持って自線で運営する一般的な鉄道事業者では大阪市高速電気軌道が一位となりました。

ちなみに、2018年11月までは関電トンネルのトロリーバスを運営していた関西電力がトップでした。

 

 

資本金一位でも中小私鉄?

資本金が多いということは、一般の人や銀行などから受ける会社への信用力が高まるということであり、採用のしやすさや融資のされやすさに直結します。

大阪メトロは上場企業並み…いや、それをも超える資本金を持っているにも関わらず、扱いは何故か中小私鉄のままです。

 

これは業界団体である「日本民営鉄道協会」の決定に基づくもので、基本的に資本金額がどうとかはあまり関係ありません。

大阪メトロは、JR各社などと同じくそもそもこの業界団体に属していないことから、「資本金額では他大手私鉄をも上回るのに中小扱い」という妙な事態になっています。

 

 

関連リンク

【速報】民営化の準備会社「大阪市高速電気軌道」設立。「マルコマーク」は廃止へ

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

21日(水)
22日(祝)
23日(祝)
24日(土)
25日(日)
26日(月)
27日(火)

大阪メトロ関係製品






Osaka Metroカテゴリの最新記事