【形式紹介】大阪市交通局50系(5000形)

【形式紹介】大阪市交通局50系(5000形)

大阪市交通局50系車両は、1960年(昭和35年)7月より営業運転を開始した大阪市交通局の車両です。

当時の御堂筋線西田辺~あびこ間の開業時に7両編成へ増備することを目的に製造されました。

尚、製造当初は「5000形」と呼称されており、後継車両である30系の登場と合わせて「50系」と呼ばれるようになりました。

 

解説

大阪市営地下鉄としては初めてとなるユニットカーとなり、2両1セットの車体構成となりました。

これまでの車両は基本的に1両での運転が可能でしたが、50系では最低2両編成を組まないと運転ができなくなりました。

編成名は5000形-5500形で、5000形に制御装置と集電靴を、5500形に電動発電機・蓄電池を装備しています。

 

外観は車体や窓、ライト類に至るまで全体的にまるっこく、愛嬌のある顔立ちです

ドアは戸袋窓付きの3ドア車という点が、どことなく時代を感じさせる機構となっています。

 

車体はアイボリーとオレンジ色(タキシイエロー)の全塗装が行われており、どこか暖かみを感じる車両でした。

ラインカラーの制定時にホワイト+路線カラーという塗り分けへ変更され、廃車までそのままの状態でした。

後継車両である30系からはシルバー路線へと突き進み、全塗装車両が登場するのは鶴見緑地線の70系まで待たないといけませんでした。

当時の電車は全て鋼で製造されており、塗装をせずに無地で走らせると錆びることから、錆止めの意味合いもあって必ず塗装が行われていました。
大阪市営地下鉄も例外ではなく、初代100形から必ず車体へ塗装が行われていました。

しかし、ステンレスとアルミで電車が作れるようになった30系からは塗装を省略を開始し、以後大阪の地下鉄は無地の銀色電車がスタンダードとなっていきました。

 

車内インテリア

 

車内は蛍光灯を採用して非常に明るくなり、これまでの地下鉄車両とは一線を画したものとなりました。

羽目板にアルミデコラ、擦れが発生する乗降ドア・貫通ドアにはステンレス製のものを採用し、腐食になるべく耐えるよう設計されています。

またエアコンはついておらず、走行時の風圧によって送風・排風を行う「ファンデリア」という装置が10個ついています。

(大阪市営地下鉄でエアコンが取り付けられるのは、御堂筋線の10系からです。)

運転台(千日前線車両)の様子。

 

投入年次

合計で94ユニット・188両が製造され。30系に匹敵する大所帯となっていました。

1次車…5001~5027 27ユニット・54両

昭和35年に製造された50系のトップグループ。先述の通り、御堂筋線西田辺~あびこ開業用に製造されたグループです。

2次車…5028~5041 14ユニット・28両

昭和37年・38年に製造されたグループ。当時飛躍的に伸びていた輸送力増強の為に製造されたグループです。

3次車…5042~5066 25ユニット・50両

昭和38年12月、梅田~新大阪間が開業する際に製造されたグループ。新大阪延伸にあわせて8両編成とするため、1次車に匹敵する25ユニットが製造されました。

この投入グループから戸袋付近に初めて荷棚が取り付けられています。

4次車…5067~5094 28ユニット・56両

 

撮影:七鶴様

最大派閥となったグループ。昭和40年の四つ橋線大国町~西梅田間開業用に製造されました。

このうち5070-5570のユニットは、30系と同等の改造工事を受けてATO試験の車両となりました。

この自動運転技術は、後の鶴見緑地線70系において花開くこととなります。

DSC06612_1

5085号車は現在も緑木車両工場にて保存されています。

 

主要諸元表

 形 式 5000 5500
 車体構造
 自 重 36.0t 34.0t(01-12編成)
35.0t(13-94編成)
 定 員 120 120
 車体長 17,700mm
 車体幅 2,890mm
 車高 3,746mm(01-66編成)
3,735mm(67-94編成)
 制御方式 抵抗制御装置
主電動機(2M)
定格出力90kw(4個/両)
歯車比 6.059≒17:103
運転台 ツーハンドル(P3、N1)・(ブレーキ段数不明)
 営業最高速度 70km/h
 加速度 2.5km/h/s
 減速度 3.5km/h/s(常用最大)  ?km/h/s(非常時)
 集電方式/電圧 第三軌条集電/直流750V
 集電装置 第3軌条上面接触式
 (設置台車)
 所属 長居検車場
我孫子検車場
大日検車場
緑木検車場
森之宮検車場

 

 

関連リンク

【速報】50系、60系など、森之宮の保存車両が緑木へ移送される

参考文献

汽車製造「KSK技報. 12(2)」、1963年4月



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
19日(祝)
20日(火)
21日(水)
22日(木)

大阪メトロ関係製品




大阪市営地下鉄カテゴリの最新記事