大阪メトロ「400系」の車番を様々なフォントへ変えてみました

大阪メトロ「400系」の車番を様々なフォントへ変えてみました

近未来的なフォルムで、登場前にも関わらず大きな話題となっている400系。

しかし前面部の車番が従来通りのフォント(貨車標記文字のローカライズ版)ということもあり、一部で残念がる声も聞こえてきます。

そこで、今日は当サイトが前面部の車番を今風に変更してみました。

 

DIN

相鉄で採用されている「DIN」を車番にしてみました。

DINは1930年にドイツで登場した書体ですが1990年頃から再注目されはじめ、日本では「ユニクロ」や「東京オリンピックロゴ」などに使用されてるなど、2020年代において(90年越しに)人気のフォントとなっています。

縦長でスタイリッシュなフォントが、400系の近未来感とマッチしていますね。なかなか良い感じ。

 

Frutiger

続いて、京阪で採用されている「Fritiger」を導入してみました。こちらもまあまあ悪くないデザインです。

Frutigerは、フランスのシャルル・ド・ゴール国際空港のサイン用に1970年代に登場した書体。アドリアン・フルティガーさんというデザイナーの名前からフォント名が採られています。

2000~2010年代まで比較的人気の書体でしたが、近年少しブームも落ち着いてきた印象です。

 

GOTHAM

大阪メトロ公式のロゴフォントとしても採用されている「GOTHAM」を導入してみました。

太字で見やすいのに、丸っこくで可愛い。相反する2つの要素を両立したフォントといえます。日本では三菱東京UFJ銀行が採用しており、DINと同じく、2020年代において人気の書体となっています。

ただ、車番として使ってみると一番微妙な感じ……

 

Futura

最後は「Futura」で描いてみました。最もモダンな印象を持っているように思います。

Futuraは、1923年に発表された書体で、来年で100周年を迎えます。それにも関わらず、オメガやドルガバ、ルイヴィトンなど名だたるメーカーに採用され続けている人気の書体です。

 

いかがでしたでしょうか。400系に最もハマるのは「DIN」かなぁと私は思いましたが、皆さんはどんな印象を持ったでしょうか。

残念ながら引き続き「貨車標記文字」が採用されましたが、今後何かの際にアップデートされると嬉しいですね。

 

関連リンク

【速報】大阪メトロの新車400系、ついに登場!!

大阪万博用の新車「400系」が大阪メトロにやってきた!



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
11月29日(火)
11月30日(水)
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
  • なし
12月7日(水)

大阪メトロ関係製品





4号線:中央線カテゴリの最新記事