【今日の記念日】1月29日:大阪市営地下鉄 梅田~心斎橋起工式

7usinihikaretatikatetusyaryou

牛・人・車に引かれて御堂筋をゆく100型
出典:http://www.city.osaka.lg.jp/somu/page/0000106885.html

今から87年前の1930年(昭和5年)1月29日。この日は、御堂筋線梅田~心斎橋間の起工式が行なわれた日です。大阪市営地下鉄の第一歩はここから始まりました。

 

我孫子まで一気に作る予定だった

御堂筋平野町において盛大な起工式を行い、第一期線としてまずはこの区間から建設に入りました。当初の第一期線計画として、1号線(御堂筋線)は我孫子~南方まで、昭和11年をめどに一挙に開業させる算段であったようです。

しかしながら、この計画時は昭和町以南が高架での建設予定であったなど、地下式に比べて建設が比較的容易な高架部分がかなり含まれており、昭和14年の計画変更で全線が地下式になったことから、整備は遅れて進むことになります。

関一

出典:http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/520_1.html

御堂筋線の建設計画を練ったのは、大阪市の父、関 一(せき・はじめ)第7代大阪市長です。大蔵省の官僚から東京商業大学(現在の一橋大学)で教鞭をふるった後、大阪市助役から市長になりました。

社会政策、および都市計画論を専門としていた関市長は、その理論を大阪市において実行に移し、大大阪時代と呼ばれる大阪市の繁栄を築いた立役者です。

c0240132_724195

出典:http://finestable.exblog.jp/21665103/

有名な話ですが、建設当初から10連にまで対応した長いホーム(当時の基準。現代の車体長だと8両)や、大きなドーム型駅舎など、関市長の盛大な都市構想に基づいた地下鉄の建設は、現代の御堂筋線でもほとんど手直しなしで80年間運行できるほどであるなど、実に先見の明があった市長でした。

この当時、東京市よりも人口が上回り、当時の内務大臣である後藤新平が「都市計画の範を大阪に求める」とまでに言わしめるなど、名実ともに大阪市が日本のトップにあり、それが実現できたのはまさしく関市長があってこそでした。


 

関連記事

【特集】大大阪が見た御堂筋 -大阪市営地下鉄 旧100型陸送

【今日の記念日】5月20日:大阪初の地下鉄、御堂筋線梅田~心斎橋開業

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

Writter:Series207  2017/01/25

関一