【コラム】大阪市バス/シティバスは何故緑色/水色なのか?




大阪シティバス(元大阪市バス)の車体色はグリーンのカラー、もしくはブルー(水色)のカラーでおなじみですが、何故この色が制定されたのか、その理由を御存知の方はあまり多くないと思います。

当たり前過ぎてもはや気にもとめないかもしれませんが、車体色にこの2タイプが採用されたのにはちゃんと理由があります。

 

市内に緑を

DSC02809

「市内に緑を」を合言葉に、大阪の街を縦横無尽に駆け巡るバスを爽やかに演出しようと1979年に採用されたのがきっかけです。

ちなみにそれまではゼブラバスと呼ばれる、濃緑に赤色のライン、白のゼブラ模様が入ったバスが運行されていました。

歴史を振り返ると、大阪市バスのカラーは登場当初の木製のバス、その後銀バスに至り、ゼブラバスを経て今日に至っています。

 

ブルーは?

DSC03864_1

また、CNGタイプの低公害バスは水色が採用されていますが、こちらは排ガスが少ない=「澄み切った空」をイメージしたものなのだそうです。

 

Tetsudo.comで「大阪シティバス」にちなんだ他ブログさんを検索してみませんか

 

参考文献:『ノッテオリテ Vol.0』(2009年3月25日、大阪市交通局)

Photo,Writer : Osaka-Subway.com  2018/04/30

たのしい路線図
たのしい路線図
posted with amazlet at 18.09.14
井上 マサキ 西村 まさゆき
グラフィック社
売り上げランキング: 3,235


マルコに恋して -大阪地下鉄道20の秘密-
(2017-04-25)
売り上げランキング: 26,537


文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。