【コラム】悪名高い文の里行き…ダイヤ改正を20年もしない谷町線に乗客からは不満の声

DSC03980

谷町線の抜本的な最終ダイヤ改正は、確認出来る中では平成8年(1996年)の12月21日。もうかれこれ20年ほど前の話になります。

2013年には一応、終電延長の為のダイヤ改正…というよりもダイヤ修正が行われていますが、これも終電後に走る回送列車を定期列車化したのみで、利用者から見た基本的なダイヤは殆ど変わっていません。

というか、乗客流動が変化しているのにも関わらず抜本的なダイヤ改正を20年もせずにほったらかしてるなんて、怠慢じゃありませんか?

 

【2017.2追記】

なんとダイヤ改正がやってきました!! 文の里行きが殆ど廃止になります

【速報】谷町線、20年ぶりのダイヤ改正を実施。悪名高い文の里行きが廃止へ。
大阪市交通局は2017年3月25日より、谷町線のダイヤ改正を行うことを発表しました。 大阪市交通局は、平成29年3月25日(土曜日)か...

 

 

私鉄ダイヤの柔軟性

DSC00757-1024x768

京阪電鉄によく乗車するようになって驚いたのは、ダイヤ改正の柔軟さです。

もちろん向こうは本線級の路線で、ダイヤ改正を頻繁にするのは当然といえば当然かもしれません。御堂筋線も夕方の中津行きが、新大阪まで延長されるなど、やはり本線級の路線はテコ入れが行われています。

DSC02788

しかしながら、御堂筋線に次いで黒字化を果たした谷町線だって、副本線級の路線であるはず。

その証拠に、新20系や30000系などその時々の新車は、まず谷町線に投入されています。

 

それに、20年も乗客流動が同じなんてことはありえないと思います。

Twitterを見ていると、いかに利用者が不満をつのらせているかがわかりますし、それはすなわち、乗客の流動に運用が追いついていない証拠なのではないのでしょうか?

 

Twitterの反応

https://twitter.com/Jr_nm83/status/745132380466221056

https://twitter.com/hankyu6450/status/762622279645663234

 

総評

DSC03497_1

大阪市営地下鉄の中で、不満の多い行き先は圧倒的に文の里行きと中津行きです。特に中津行きは「中川家」の漫才でネタになるほど。

https://youtu.be/eF45CfN85rs?t=1m35s

劇中で中川家の礼二が「大阪市交通局に言うたるわ!」と言ったおかげ?かはわかりませんが、夕方の中津行きの半数が新大阪行きに延長されています。

しかし変わらないのが谷町線。旧態依然のダイヤを20年も続けています。

 

-ご案内-

Osaka-Subway.comってどんなサイト?管理者は誰?(プロフィールページ)

他の大阪市営地下鉄の話題も調べてみませんか?こちらから!

tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

Photo,Writer :Series207  2016/11/30

他の大阪市営地下鉄の話題も調べてみませんか?こちらから!
tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。


ABOUTこの記事をかいた人

大阪市営地下鉄ファンサイト「Osaka-Subway.com」運営主宰。 2017年4月に鉄道趣味本としては初めての、電子書籍「マルコに恋して」を出版。 その他、クレジットカードファンサイト「鉄道ファンのクレジットカードのりば」なども運営中。