さよなら森之宮検車場…!中央線車両が記念ヘッドマークをつけて試運転

さよなら森之宮検車場

2016年1月20日、中央線2638F(20系38編成)が森之宮検車場最終出場ヘッドマークを取り付け、試運転を行いました。

同編成は今月末で閉鎖・移転される森之宮検車場から出場する(=検査を終える)最後の列車で、その記念ヘッドマークを掲げて中央線を走りました。

写真 2016-01-20 16 25 29

ヘッドマークは大阪港寄・生駒寄でそれぞれデザインが異なっており、大阪港側のデザインは「ありがとう森之宮」と描かれたヘッドマーク、

DSC02490_1

生駒側には寄せ書きデザインのヘッドマークが、専用ステーと共に取り付けられ、有終の美を飾りました。

 

森之宮検車場は、1960年に開設。谷町線・中央線・千日前線の所謂「森之宮グループ」の線区における列車全般検査等を担当してきました。

50系から30000系まで、様々な大阪地下鉄の名車を送り出してきましたが、その50年あまりの歴史に幕を閉じます。

 


-ご案内-

Osaka-Subway.comってどんなサイト?管理者は誰?(プロフィールページ)

他の大阪市営地下鉄の話題も調べてみませんか?こちらから!

tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

 

Photo,Writer : Series207  2016/01/20

[画像を追加してお送りします]