地下まで32.3m!大阪地下鉄で最も深い大阪ビジネスパーク駅に行ってみた

DSC02750

大阪ビジネスパーク(OBP)駅。

OBP開業から6年が経った1996年に開業し、今では名実共にOBPの代表駅となっています。

昨日は最も浅い西田辺駅をご紹介

しましたが、それとは反対に、この駅は大阪市営地下鉄の中で最も深い駅なのをご存知でしょうか。


大阪市営地下鉄の駅の深さベスト3は、以下の駅です

長堀鶴見緑地線・大阪ビジネスパーク(OBP)‐32.3m 

② 今里筋線・関目成育‐25.9m
③ 今里筋線・太子橋今市‐24.8m

基本的には、新しい地下鉄(大阪なら今里筋線)ほど深くなっていくのですが、この大阪ビジネスパーク駅はなんと32mもの深さがあります。

何故こんなにも深いのかというと、近隣に川が流れていてそれを避ける為に深く掘ったというのが有力な説のようです。

 

実際に行ってみた

DSC02721

大阪ビジネスパーク駅は平成8年に開業。

DSC02715_1 DSC02719

3連型マルチフェイスシールド機で施工された駅は、3つの単線シールドを堀ってその横をつなげた、世界で初めての構造です。

 

長ーーーいエスカレーター

どれだけ深いのか、エスカレーターで上を目指してみます。

DSC02724_1

お?

DSC02725_1

 

あれ?そんな言うほどでもありませんね

 

しかし ここからが本番でした

 

DSC02730

終わりと思っていたらただの中階に到着。 もう一つエスカレーターがあり、それを見てみると…

DSC02731_1 DSC02739 DSC02740_1

長ぇ!!!!!

DSC02744

ようやく改札に到着。

DSC02746_1

4番出口からIMPホール方面を目指します

 

DSC02747

更にここからまた階段……32.3mは伊達じゃなかった

 

DSC02741

世界初の3連マルチフェイスシールドの駅ということで、土木学会賞を受賞していました。

 

 

まとめ

DSC02748_1

いかがでしたでしょうか。大阪市営地下鉄で最も深い駅、大阪ビジネスパーク。

地上から32.3mのこの駅は、普段使いでは階段を下りて電車に乗るまでが2分ぐらいかかってしまうことから、改札についている列車接近表示を見て、間に合いそうかどうかを見ないといけませんね。笑

 

 

日常や当サイトで取り上げないような他の大阪市営地下鉄の話題ならこちら

tetsudocom_logo

 

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

 

Photo,Writer:Series207  2015/6/07