大阪メトロ、南海と難波千日前の元三菱UFJ銀行用地を取得・再開発へ

大阪メトロ、南海と難波千日前の元三菱UFJ銀行用地を取得・再開発へ

Osaka Metroと南海電鉄は共同で、難波千日前に立地していた元三菱東京UFJ銀行があった土地を8月27日に取得していることが判明しました。

現地は「難波エリア」の中心である南海なんば駅前からほんのすぐ横にあり、大掛かりな再開発が期待されます。

現在は南海辰村建設によって解体工事が始まっている段階で、2022年9月30日までに更地にする計画です。

 

何が出来る…?

この地で営業していた三菱東京UFJ銀行難波駅前支店は、2018年11月よりなんばスカイオ24階へと移転しており、その後は長らく囲いがなされたままの状態が続いていました。

バリケードに貼られたポスターには、大阪メトロと南海の難波での歩みが記載されています。

 

出典:南海電鉄「2022年3月期第2四半期決算説明会資料(2021年11月18日開催)」

 

新たに再開発されるビルについての全容はまだ明らかになっていませんが、南海の決算説明会資料において少しだけ触れられていました。

大阪メトロが参画することは、今回初めて明らかとなっています。

 

南海はこの他、今回ご紹介した地の南側でも再開発を進めており、3つだったビルを1つにまとめるようです。

難波界隈の発展が進みそうですね。

 

関連リンク

【大阪メトロ】今後の不動産開発スケジュールまとめ

大阪メトロ初のタワマン「OMタワー上本町」がバス操車場跡に誕生へ

【2021年1月開業】四天王寺前夕陽ケ丘駅のリノベーション物件を見てきました

 

参考文献

登記簿『大阪市中央区難波千日前6-8』

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
19日(水)
20日(木)
21日(金)
22日(土)
23日(日)
24日(月)

大阪メトロ関係製品






都市開発事業(不動産)カテゴリの最新記事