【大阪初】燃料電池バス、MUFGカラーで3月25日から運行開始

【大阪初】燃料電池バス、MUFGカラーで3月25日から運行開始
出典:大阪シティバス 1)

以前お伝えしていましたが、大阪シティバスは住之江営業所に燃料電池バス1台を導入し、大阪では初となる燃料電池車による路線バスとして営業を開始することになりました。

デザインはなんと三菱UFJ銀行(MUFG)カラーですが、これは株式会社三菱UFJフィナンシャルグループから寄付を受けたことによるものです。

デビュー日は3月25日とのことです。

 

1月に目撃

「燃料電池バス導入促進事業費補助金」を受けて1月中旬ごろにお目見え

当サイトでもその動向をお伝えしてきましたが、ラッピングを前提とした真っ白いカラーでした。

 

燃料電池バスは搭載した水素タンクの水素と酸素との化学反応を起こして発電、その電力で走るバスです。エンジンが静かなのもさるながら、発電機としての機能もあるので災害時の非常用電源としても期待できます。

駆動には水素が必要なことから、その補給が容易であり、かつ万博輸送を見据えて住之江営業所に配備されたものみられます。

 

バスの仕様

全長 10,525mm
全幅 2,490mm
全高 3,350mm
最大出力 113kWx2 (154PSx2)
最大トルク 335N・mx2
定員76人 (内着席23名、運転士1名)

 

 

関連リンク

【水素の音ォ!!】大阪シティバスに燃料電池車が登場

 

参考文献

1) 大阪シティバス『大阪府内初 路線バスで燃料電池バスの運行を開始!

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
19日(祝)
20日(火)
21日(水)
22日(木)

大阪メトロ関係製品




大阪シティバスカテゴリの最新記事