【御堂筋線】転落防止幌を順次撤去中

【御堂筋線】転落防止幌を順次撤去中

御堂筋線にホームドア設置が完了したことで、2000年頃から車両間に取り付けられていた転落防止用の幌が4月下旬ごろから撤去され始めています。

正式名称は連結面間転落防止装置というそうで、大阪市と近畿車輛名義で特許も取得されています。

 

綺麗さっぱり

これまで取り付けられていた転落防止幌。

1998年12月に21系12編成へ設置試験が行われたのが嚆矢で、2000年頃から本格的に採用されていきました。

約20年間にわたって安全を守ってきた、影の功労者です。

そしてこちらが撤去後の様子。

尚、幌取り付け用の治具と思わしき部分はそのまま残されていました。

 

上部から幌のあり/なしを比較。違いがおわかりになるかと思います。

尚、現在のところ全車両が撤去されているわけではないようで、確認できた中では21系の中間車両が対象となっているようでした。

今年度中に全廃予定の10A系にはそのまま存置されていた他、30000系でも動きはありませんでした

 

関連リンク

【速報】御堂筋線全駅にホームドア設置完了!7年間の歳月

10A系24編成(1124F)が廃車へ。御堂筋線から「昭和生まれ編成」が引退

 

参考文献

なにわの地下鉄「車両|21系

tokkyoj.com「車両連結面間転落防止装置

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
2日(土)
3日(日)
4日(月)
5日(火)
6日(水)
7日(木)
8日(金)
9日(土)
10日(日)
11日(月)

大阪メトロ関係製品




1号線:御堂筋線カテゴリの最新記事