千日前線全駅でホームドア柵装置筐体の設置を完了

DSC02586_1

今年度からはじまった千日前線のホームドア設置工事ですが、2014年11月30日に野田阪神駅の筐体設置が完了し、12月13日より使用を開始しています。当初の工事完了予定は2015年1~2月とありましたが、車両とホームの段差をなくすゴム状のスロープの設置を一時的に省略して前倒しし、筐体そのものの設置・稼動を優先しているようです。

ホームドア設置は昨今の鉄道会社における主要工事として認識され、鉄道ブログを見ていると各社が設置整備が整いつつあるようです。

【参考】

千日前線に可動式ホーム柵を設置します ~さらなる安全をめざします~  – 大阪市交通局

千日前線野田阪神駅 可動式ホーム柵設置 – まっちゃんの鉄道BLOG

阿波座駅

DSC02589_1 DSC02592_1

阿波座駅の様子。ホームドアは既に稼動していますが、ホーム端は従来のまま。

 

野田阪神駅

DSC02616_1 DSC02617_1 DSC02628_1野田阪神駅の様子。柵自体は設置されていますが、ドアの稼動はあと少しといった感じ。ちなみにヒゲ文字が残る野田阪神2番線にはつける予定はないそうです。

 

 

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

 

Photo:Series207
Writer : Series207  2014/12/14

他の大阪市営地下鉄の話題も調べてみませんか?こちらから!
tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。