Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

Osaka-Subway.com、2014年11月の人気記事TOP10とアクセス解析の結果

2014/12/03

無題

毎月恒例の、1ヶ月のアクセス・PV数と人気記事を振り返る、最近鉄道Webサイト運営のオーナー様にも人気のこのコーナーです(笑)

ここでは、当サイトのアクセス解析の結果と2014年11月1日から11月30日の一ヶ月間で人気だった記事を公開していきます。

 

目次

11月度のPV数ハイライト

写真 2014-12-02 9 18 21

記事数:16記事(前月比+7)
PV数:43,508PV
セッション:13,792(+3,112)
ページ/セッション:3.15(+0.6)

先月とは反対に記事を大幅に増やしました。そのおかげもあってか、PV数はそれなりに回復しています。
今月は緑木車庫公開や大阪市政が揺れた時期なので、そのあたりの記事にアクセスが集まったのも大きな特徴です。

無題
個人的にはページ/セッションが伸びたのが嬉しいところ。このあたりを意識して、最近「人気記事殿堂入り」の項目を作成しました。
ページ内にバナーリンクを貼ることで、検索サイトなどの外部から来られた方のサイト内回遊性を向上させています。

 

これまでの合計PV数遷移

3月:6,998PV
4月:8,862PV
5月:10,682PV
6月:25,322PV – Osaka-Subway.comへ移転
7月:33,395PV – Google八分解除
8月:56,401PV – Facebookページ開設
9月:38,850PV
10月:32,968PV
11月:43,508PV

記事数を7本増やしてPV数は約11,000増。8月にマークした50,000回復はなりませんでした。夏休み効果は強いですね(白目)
先月いったようにとりあえずは反転しましたが、正直記事数に見合ったPV数の伸び(1記事あたり1,700PV)とは思っていないので、あまり納得いく結果ではありません。

 

Facebookページは90いいね!、Twitterフォロワー数は1,100を突破

Twitter:1,141フォロワー(+370)
Facebook:90いいね!(+24)

その一方で、SNSのアクションは先月に引き続き絶好調です。Twitterのフォロワーが前月比で+370、Facebookも+24と着実に効果が出始めています。
今年度中にフォロワー1,000を達成できるようにと先月のまとめ記事で書きましたが、1ヶ月前倒しでその目標を達成できました。ソーシャルネットワークは、検索エンジンに頼らずに質の高いトラフィックが期待できるのが嬉しいところです。

そうそう、最近NAVERまとめアカウントを作成しました!このNAVERもソーシャルネットワークほどではないほど、トラフィック流入が結構すごいそうなので、こちらもバシバシ更新していこうと思います。

外部サービスまとめ

Twitter:https://twitter.com/207GMP
Facebookページ:https://www.facebook.com/osakasubway
ask.fm:http://ask.fm/osakasubway
NAVERまとめ:http://matome.naver.jp/mymatome/osakasubway

 

Tetsudo.comで1位を獲得

写真 2014-12-02 13 59 02

一月ズレますが、おかげさまで12月2日時点において「Tetsudo.com」内において実施されているブログランキングで1位を獲得することが出来ました。これも普段から閲覧して頂いている皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

Tetsudo.com内で首位になると、ここからのアクセスも必然的に期待出来るようになり、PV数向上につながることが期待出来ます。

 

10月の人気だった記事TOP10

10位:【北大阪急行】8002F(8000形第2編成)ポールスター廃車陸送- 725PV

DSC06328_1

10位には先月と同じくポールスターがランクイン。「北大阪急行 廃車」のキーワードでたどり着く方が段々増え始めています。

 

9位:【長堀鶴見緑地線】大正駅のLED案内表示板が使用中止に - 794PV

DSC01147_1

9位はLED案内表示板がランクイン。まさかのシール化ですが、ある意味合理的な処置だと思います。当サイトは評価しますよ。

 

8位:【御堂筋線】21601F(21系1編成)リニューアル施工・試運転 - 821PV

B1mcE5NCIAEpmb9

撮影:Ms-21617様

8位には21601Fのリニューアル記事がランクイン。新20系もだんだん車内モニタを取り付ける編成が増えてきて嬉しい限り。

 

7位:大阪市営地下鉄の方向幕を製造する交通電業社のWebサイトがリニューアルされ、過去の製品情報が見えなくなる - 838PV

無題2

Para-Signブランドで知られる交通電業社のWebサイトがランクイン。一部はもう見れなくなってしまっています。

 

6位:おおさか市営交通フェスティバル2014(緑木検車場車庫公開)に行ってきた! - 991PV

DSC00915

11月といえば大阪市交通局緑木検車場公開。6位にランクインです。

 

5位:新型車両の追いかけに!!御堂筋線 運用表(休日) 平成25年3月23日ダイヤ改正版 – 1.156PV

4位:珍行先や新型車両の追っかけに!!御堂筋線 運用表(平日) 平成25年3月23日ダイヤ改正版  - 1,340PV

無題

平日・休日が仲良く並んでランクイン。運用表修正と梅田駅基準での早見表を導入したこともあって、アクセス数が向上しました。

 

3位:吉川壽一氏による大阪市営地下鉄の駅のヘンな壁画は、交通局長のコネによるものだった - 1,349PV

BPSynj5CIAAwnbr

藤本交通局長の私的使用が問題になったり、衆議院解散で揺れた大阪市政もあって、3位にはこの記事がランクイン。
この「ヘンな壁画」には登場当初から違和感を感じていました。

 

2位:御堂筋線は山手線を越える超優良路線…大阪地下鉄黒字化の功績は別に橋下市長でも平松市長でもない - 1,412PV

31601_01

3位と並んでよく読まれたこの記事。大阪市営地下鉄は関市長の時代から着々と黒字化の道を歩んでいました。

 

1位: 大阪地下鉄車庫公開の4日前から収集鉄による場所取り…交通局は撤去を求める - 2.246PV

DSC00700_1

第1位は2位と圧倒的差をつけてこの記事がランクイン。鉄道ファンのマナーが問われます。

 

検索キーワードランキングTOP5

1位:「24656f」 – 81セッション

2位:「御堂筋線 運用」- 66セッション
3位:「大阪市営地下鉄 20系 廃止」- 61セッション
4位:「北大阪急行 廃車」- 50セッション
5位:「207gmp」-  39セッション

先月と同じく「24656F」で検索に来られる方が俄然多い状況です。検索のあたりが弱いのが当サイトの悩みどころ。そしてまさかの「207gmp」が登場してきました。

 

アクセスの多かったブラウザTOP5

1位:Internet Explorer 32.55%(先月:39.42%)
2位:Chrome 21.40%(先月:19.77%)
3位:Android Browser 15.66%(先月:14.29%)

4位:Safari 15.51%(先月:18.06%)
5位:Firefox 4.48%(先月:3.92%)

Android Browserが逆転しました。iPhone6が微妙な進化に留まったことで、段々とAndroidユーザーが増えている感じです。

 

まとめ

11月のPV数は40,000代を回復しました。緑木検車場の公開があったことから持ち直したとは思いますが、そうであるとすれば何もイベントがない12月は厳しそうです。ニュース記事だけでなく、もっと大阪市営地下鉄のファンをつくるようなストック型の記事を書けるように頑張ってまいります。

2014年もあと1ヶ月ですね! 2015年度は月間10万PVを維持できるようになればいいなぁ…と思っています笑
207GMP時代はいっても10,000代だったので、それを考えればOsaka-Subway.comになってから一気にアクセスが上がった感じです。

 

ask.fmを先月からはじめています。まだあまり質問がこないのでコンテンツとして活かしようがないのですが、こちらもボチボチ宣伝を入れながら広げていこうと考えています。。
受付した質問は、当サイト内でお答えしようと思っています!どんな質問でもお答えしますので是非どうぞ!

http://ask.fm/osakasubway

 

 

協力して頂いている皆様のご紹介

Osaka-Subway.comでは下記の皆様から写真の提供・ご協力を頂きWebサイトの運営をしています。いつもありがとうございます_ _

 

・もぐら様

Ms-21617様

・MTYCS様

まっちゃん様

・OMS32610F様

・Daiimu様

・超新型様

-アクセス解析・人気記事まとめ