【千日前線】ホーム柵設置に伴う放送仕様変更

DSC02617_1

千日前線全駅にホーム柵が設置されたことで、放送上の言葉に不自然なところが出来ることから、千日前線の駅到着放送の仕様が変更された模様です。

実際の放送はこちらにあります – SAS 千日前線車内放送・駅放送より

【追記】2014年12月11日から切り替わったようです(情報提供:MACCHAN様)

これまで

2番線に、野田阪神ゆきが到着します。
危険ですから白線の内側でお待ち下さい。

[メロディ2、3回]

2番線に到着の電車は、日本橋、なんば、阿波座方面、野田阪神ゆきです。
The train on platform 2,is bound for Noda-Hanshin…via Namba.

更新後

2番線に、野田阪神ゆきが到着します。
危険ですので、ホーム柵から離れてお待ち下さい。

[メロディ2、3回]

2番線に到着の電車は、日本橋、なんば、阿波座方面、野田阪神ゆきです。
The train on platform 2,is bound for Noda-Hanshin…via Namba.

 

ホーム柵設置に伴って「白線」が見えなくなり、このままでは放送と実態とが合わないことから変更されたものと思われます。

確かにこのままだと「白線なんてあれへんやんけぇ!!」というツッコミの声が聞こえてきそうです(笑)

 

 

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

 

Photo:Series207
Writer:Series207  2014/12/28

他の大阪市営地下鉄の話題も調べてみませんか?こちらから!
tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。


ABOUTこの記事をかいた人

大阪市営地下鉄ファンサイト「Osaka-Subway.com」運営主宰。 2017年4月に鉄道趣味本としては初めての、電子書籍「マルコに恋して」を出版。 その他、クレジットカードファンサイト「鉄道ファンのクレジットカードのりば」なども運営中。