【#マルコ集め】南森町に残る「メトロ+ひげ文字」

最近、TwitterやInstagramのハッシュタグ、#マルコ集め にて、皆さんが投稿されている多種多様なマルコマークを拝見しています。

その中でも気になった場所がありました。南森町駅5番出口にある「メトロマーク+ひげ文字」の出口です

世代を超えた共演

これには驚きました。Osaka Metroの「M」ロゴは2018年から、そして「南森町」と表記されているひげ文字は、1960年頃から採用されているサインです。

大阪地下鉄のサインの変遷としてはおおまかに

ひげ文字

守口サイン

本町サイン(プロトタイプ)

旧標準サイン(MBゴシック+ヘルベチカ)

新サイン(ヒラギノ+パリサイン)

という流れですが、この2つはいわば最も古いタイプと2018年現在もっとも新しいタイプの世代を超えた共演となっています。

ひげ文字は現在、ビル併設地などの私有地と併設された場所に多く見られます。これはおそらくサインの取替がビル側の負担であることから、地下鉄側が新たな様式のサインを作っても費用的な問題でその更新に消極的であることが考えられます。

出口全景。ビルの所有地なのでしょうか…?ビル分のスペースがあるようには見えますが、それにしては自然な出口…

始発・終電表記も谷町線のみが新タイプに移行、堺筋線は旧タイプのままとなっていました。

 

ユニークな#マルコ集め シリーズ、しばらくは続きます

 

Photo,Writer : Osaka-Subway.com   2018/04/12

他の大阪市営地下鉄の話題も調べてみませんか?こちらから!
tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。


ABOUTこの記事をかいた人

大阪市営地下鉄ファンサイト「Osaka-Subway.com」運営主宰。 2017年4月に鉄道趣味本としては初めての、電子書籍「マルコに恋して」を出版。 その他、クレジットカードファンサイト「鉄道ファンのクレジットカードのりば」なども運営中。