【ニュートラム】住之江公園~中ふ頭の8駅の大規模改修を計画、事業者を公募

【ニュートラム】住之江公園~中ふ頭の8駅の大規模改修を計画、事業者を公募

Osaka Metroは、ニュートラム駅のうち初期の1981年に開業した区間である住之江公園~中ふ頭間の8駅について、大規模改修計画を策定しました。また、南港口駅については実施設計を一足先に行うようです。

それにあわせて4月22日の17時まで事業者を公募していました。ここから事業者選定に入っていくものと思われます。

 

ニュートラムの大規模改修事業は、中ふ頭駅から住之江公園駅までの8駅における出入口通
路部、出入口階段を含む駅舎全体の大規模な改修を実施するものである。
この8駅については、建設後37年が経過して駅舎の各種仕上材の経年的劣化やこれに伴う
漏水等の事象も見られる。内外装の老朽化の進行により、お客さまサービスが低下するととも
に、今後、駅舎構造体への影響も懸念される。このような状況を改善するために、駅舎全体の
大規模改修を実施することが当該事業の目的である。

出典:https://www.osakametro.co.jp/contract/library/20190415_nakafuto_kaisyu/01_%E5%8B%9F%E9%9B%86%E8%A6%81%E9%A0%85_1.pdf

 

「8駅のデザインを統一すること」

今回のリニューアル事業者選定については、特にデザイン統一の方針を受け継ぐことを条件として挙げています。

ニュートラムの上記8駅については、統一したデザインにより設計・建設されており、これ
ら8駅の大規模改修を実施するにあたっても、このデザイン統一の方針を受け継ぐと共にさら
に進化させ、各駅の個性を表現できるデザインとすることが求められている。そのため、この
方針と目的に基づき、本建築設計業務(基本設計及び実施設計)を行う必要がある。
そこで、建築設計業務においては、8駅の統一した共通デザインコンセプトを策定し、これ
をもとに南港口駅のデザインと実施設計を行うこととする。

出典:https://www.osakametro.co.jp/contract/library/20190415_nakafuto_kaisyu/01_%E5%8B%9F%E9%9B%86%E8%A6%81%E9%A0%85_1.pdf

 

ニュートラムは建設当初、近未来の都市交通としてデビューさせたこともあって統一されたデザイン・世界観で作られているのが特徴です。

また、南港口駅については一足先に基本設計・実施設計を行うことが明らかになっていることから、リニューアル第一弾の駅は南港口駅になるでしょうか。

 

今となってはややレトロフューチャー感がある駅ですが、他地下鉄とは違うサイン(ナールD)の採用、1980年当時の若者の感受性にあわせた都市設計、オーバーサインの排除…など、今から見ても個性的な駅舎が魅力です。

ただ築40年近いこれらニュートラムの駅は大阪南港の海沿いを走るために塩害をかなり受け、赤錆が目立ってきているように思います。

 

まだ事業者選定の段階なのでどのようなリニューアルが行われるかは定かでありませんが、ニュートラムの車両も3代目となったタイミングでの今回のリニューアルプラン。

関連資料に200系の広報がセットされていたことから、200系のデザインにあわせたようなポップなものになるのでしょうか。

 

参考資料

ニュートラム(中ふ頭駅から住之江公園駅まで)大規模改修に伴う共通デザイン提案及び南港口駅建築設計業務委託募集要項(公募型プロポーザル)
https://www.osakametro.co.jp/contract/library/20190415_nakafuto_kaisyu/01_%E5%8B%9F%E9%9B%86%E8%A6%81%E9%A0%85_1.pdf

 

関連リンク

【ニュートラム探訪:04】ニュートラムと南港ポートタウンサイン計画

【ニュートラム探訪:01】 ポートタウン西駅には可愛いカモメの照明があるらしいので探してみた

ニュートラムカテゴリの最新記事